バラエティ

音が出たら負け/hulu配信!刀剣乱舞/声優/北海道/愛知県などが話題

音が出たら負け/hulu刀剣乱舞/声優/北海道/愛知県などが話題

 

2020年3月11日19時から『音が出たら負け!』が放送されます

 

放送地域にない、見れない方は(青文字をクリックすると初回~フル視聴できるリンクに飛びます)

 

(下記はテレビ局公式系の無料視聴サイトの紹介です)

 

↓ ↓

 

音が出たら負け/無料視聴可能サイト
 

音が出たら負け! 2020年3月10日/番組内容

 

追記

番組視聴後のネタバレ

今まさに、番組を視聴している最中なのですが、すでにとても好印象です。スパイのお仕事を見ているようなハラハラドキドキ感が味わえる、新感覚のバラエティだと感じました。

イライラ棒や、ドッキリ企画とは似て非なる番組。映像メディアであるテレビであるにも関わらず、音声が重要要素となる点も斬新な印象を受けました。

スタジオ出演者同様、テレビを観ている視聴者である我々も、音を出さずに見守ってしまう不思議な入り込み感覚を生み出していました。出演者さんも、アスリート、アイドル、芸人、SNSインフルエンサーと、多彩ながら、意外な人が勝ち残るストーリー展開も楽しめました。観ている人がのめり込み、手に汗握る新感覚バラエティの誕生だなと思いました。

普段youtube動画ばかり観て、私がテレビを付けていても見向きもしない小学生と中学生の娘たちも、この番組は真剣に観ていました。

私の子供がテレビを一生懸命観る機会は、逃走中くらいなものなのですが、この番組も同様かそれ以上に子供を惹きつけるチカラがありそうです。

恐らく、鬼ごっこやスパイゲーム、など、子供が慣れ親しんだ遊びを連想させるモチーフが、子供達に受け入れられる要素なのかな、と感じました。

みどころ

音が出たら即失格!!50dBを超えると即アウト!この時点で「え、面白そう観たい」って思ったのがまず率直に思った感想でした。

私はこの番組を見たことがないのですが、言ってしまえば逃走中や笑ったら負けに近いですよね?しかも、何が奇妙キテレツかって、鍵がベルなんですよ。

鳴るじゃないですか。

個人的に木材で歩くとキシキシ音が鳴る場所とか無数にある、みたいな設定だとワクワクが止まりません!それに、出られる方々もうっかりさん多そうで、今から楽しみですね。

バナナマンさんが司会進行するのが個人的に新鮮です。

最近テレビをあまり観ない生活になってたあるので、その影響かと思います。

しかし、50dBって家庭用エアコンの室外機の音程度です。最近の縦型洗濯機や掃除機も大体50dB前後になります。

それに加えて、番人にも見つからない様に立ち回らなきゃいけない……、私は即失格しそうです。

私はゲーム実況好きで、脱出ゲームやデスゲームの実況も観ます。リアルゲーム感覚でホラーではないけど、ハラハラしそうですね。

見方を変えれば、これで映画も出来そうなレベルです。誰が生き残り、誰が勝利するのか?はたまた全員やられてしまうのか?アウトされた者に救いはあるのか……、とても楽しみな番組です!

 

音が出たら負け! キャスト出演者

 

MCバナナマン 出川哲朗、滝沢カレン、城田優、佐藤栞里、武尊、宮崎大輔、横田龍儀、加藤一二三、後藤巧実(四千頭身)、どぶろっく、草薙航基(宮下草薙)、大橋彩香、、ンダホ、末吉9太郎、NMB48(吉田朱里、渋谷凪咲、梅山恋和)、しゅんしゅんクリニックP、池田レイラ(完熟フレッシュ)他 (順不同)

 

音が出たら負け//みどころ

 
 
バナナマンMCバラエティ『音が出たら負け』の概要をちょっとみてみましたが、今までにないものですし見たくなってます。

具体的に言えば無音の館に潜入して盗まれた宝を奪還していくわけですけども、その時に絶対に50デジベルを超える男を館内で出してはいいけないし、そのレベルの音を出してしまったら即失格になるという大変厳しいゲームであります。

なので咳1つできないし転んだりも絶対できないわけですし、ちょっと足をひっかけてしまったらちょっとした独り言なども発してはいけないので難しいゲームなわけです。

このような非常に厳しい条件の中で宝を奪還できる人はいるのかどうか凄い注目したいです。

音がでたら負けなわけですけども、これにチャレンジするタレントさんが沢山でますし、クリアできる方がでたらその人の見る目が変わるかなって感じますね。

集中力が要求されるゲームですけども私だったら難しいだろうなあって感じるのでクリアした方がいたら尊敬します。

図書館と同じ静けさの中で行うゲームですけどもたぶん図書館以上に静かでしょうし、無音の環境の面白さもテレビ画面から体感できるかなって思います。

MCはバナナマンさんとかがされますのでそれも楽しみです。

公式動画以外で見る危険性

できればやらないで欲しいこととやってはいけないことというのはかなり色々と違いが出てくるというのは仕方がない部分です。

自分の文章というのは自分に権利があるというのは間違いないのですがだからと言って引用されることを禁止するというのが実はかなり難しいです。引用をする権利、というのもあったりするからです。

自分がTwitterに投稿したドラマの感想とか映画の感想というのを人のブログに勝手に引用されてネタバレに使われるということが色々と多発しています。これは悪いのか、といえば実は法律的にはかなり微妙なところであり、Twitterなどでは埋め込みなどができるようになっているのでそもそも引用されることが前提になっています。

ですから、感想のネタバレに使われてしまうということがあるのは仕方がない部分であると認識しておきましょう。

ですがさすがにそういうブログというのは別に闇で行われているというわけではありませんので、やめてください、私の感想文を使わないでくださいと言えばたいていのところが対処してくれますのでそういうことで対処するようにしましょう。

問題はあるわけですが、あまり阻止することはできないものであるといえるでしょう。

まず、個人のツイッターから引用してネタバレ記事を書くこと自体は問題がないと思うのですが、無断で引用するという点については問題になってくると思います。
本人の同意を得たうえで引用なり参考にするのはいいと思うのですが、無断で行うとなると法律的にも問題があるのではないかと感じました。

仮にそのまま引用してしまった場合、その記事を見た人がツイッターで引用元のツイートを見てしまった場合、こいつがこの記事を作成したのかと
勝手な推測が生まれてしまいます。見た人がそのネタバレ記事について何も思っていない場合は問題がないのですが、そのネタバレ記事に対して何らかの

怒りの感情を持った人が見てしまった場合には、関係ない人どうしでのいざこざが始まる可能性を秘めています。

勝手に引用された側は当然何のことか分からないでしょうし、見た側もしらばっくれているのかと思い、無駄な争いが生まれてしまいます。

ツイッター上でのトラブルに収まればいいですが、実際に相手のところまで乗り込んでしまうとなるとかなりの大事に発展する可能性があります。

もちろんそこまで行く可能性は非常に低いと思うのですが、リスクがある以上無断引用は避けるべきだと思います。

まずツイッターであっても公開アカウントの中でネタバレを書くのはあまり良くないのでは?と最近思っています。何故なら、公開アカウントである限り誰が見るか分からないからです。もし身内だけの非公開アカウントであればネタバレを書いたとしてもあまり目にはいることはないので被害は少ないですが、それでも嫌がる人はいるでしょう。

もちろん自分のブログに個人のツイッターの無断引用するのもよくありません。ツイッターのなかの1つの呟きであってもその人のものなので、勝手に自分の言葉のように引用するのは良くないです。

しかもそれでビジネスが成立しているのであれば、人の力を借りてお金を稼いでいる訳ですからたちが悪いなと思います。

ツイッターのアカウントを載せられてしまった人からすれば、予期せぬところで個人情報が晒されているのと同じことです。

タップするだけで相手のページまでいくことができますから、そこで本人や周りの人の写真だったりが拡散されたりしてしまえば大問題だと思います。

ブログに載せている人はそこまで考えていないのだと思うのですが、それ以外にも問題は多数あります。簡単にして良いものではありません。

音が出たら負け/動画見逃し配信/フル/配信 【dailymotion】 【pandora】【デイリーモーション】 【 miomio】; 【9tsu】tver(ティーバー・ディーバー)ではみれないです

(無料視聴できます)

 

↓ ↓

 

音が出たら負け/無料視聴可能サイト