ドラマ

ミルドレッドの魔女学校/見逃し配信/再放送/10話/3月13日~最新話放送海外ドラマ(NHK) /無料視聴まとめ

ミルドレッドの魔女学校/見逃し配信/10話/3月13日~最新話放送海外ドラマ(NHK) /無料視聴まとめ
 

2020年3月13日19時25分からNHK Eテレで『ミルドレッドの魔女学校(10)「ネコかぶってた?」』が放送されます

 

見逃した方bsプレミアムが見れない方は(青文字をクリックすると初回~フル視聴できるリンクに飛びます)

 

(無料視聴できます)

 

↓ ↓

 

ミルドレッドの魔女学校/ /見逃し配信10話
 

ミルドレッドの魔女学校 /2020年13月13日見逃し配信番組内容

 

ひょんなことから魔女学校に入学したミルドレッドの冒険ファンタジー。年に一度の魔法薬の調合大会。今年の出場者はミルドレッドとエセル!そこに新たなライバルが…。
番組内容
年に一度催される魔法の薬の調合大会。今年の決勝はカックル魔女学校で行われることになった。今回出場できるのはイニシャルがHの魔女で、ミルドレッドとエセルが選ばれる。決勝にやって来たのはなんとヘカテ教頭のライバル魔女がいる学校だった!

 

ミルドレッドの魔女学校 キャスト

 

ベラ・ラムジー…鈴木梨央,メイブ・キャンベル…林日葵,タマラ・スマート…神田愛莉,クレア・ヒギンズ…勝生真沙子,ラケル・キャシディ…高乃麗,ジェニー・リチャ−ドソン…嶋村侑

 

ミルドレッドの魔女学校/ 10話見逃し配信ストーリー性

 

人間であるミルドレッドが、魔女の友達のモードと仲良くなっていく姿が微笑ましいです。その姿に癒されます。

魔女の育成学校を舞台にしたストーリーは多いけれど、このドラマは優しいドキドキ感とワクワク感があり、安心してみることができるのが良いところです。

派手なアクションシーンがなくても、楽しめるドラマです。

学生の制服も可愛らしく、またドラマに出てくる装飾品も凝っていると思います。

ミルドレッドの優しい心、思いやる心、時に大胆な行動は予想を超えているので、仰天することもあります。

ただ予測不可能なストーリーの進み方がまた、面白いと思います。

このミルドレッドの吹き替えをしている担当しているのは鈴木梨央さんですが、全く違和感がないです。

むしろ、彼女の声とミルドレッドはぴったり合っていると思います。

ミルドレッドの優しさ、透き通るような肌の持ち主である外見、1人だけ人間だから少し弱ったような声は、彼女の声の魅力にぴったりです。

また、完璧主義者で誰よりも自分を認めて欲しいと思っているエセルも魅力的です。

ミルドレッドに対抗心を剥き出しにしながら課題に立ち向かう姿は、いつも面白いと思って見ています。

エセルの今後の行動やミルドレッドとの関わり合いに期待しています。

 

 

ミルドレッドの魔女学校/見逃し配信 10話/2020年3月13日放送分のみどころ

 
なんだかだいぶ前というか、子供時代に見た児童文学とストーリーが全く一緒であるような気がしましたが、よく説明を読んでみるとその児童文学が原作になっていました。

私が子供の頃である為、最低でも出版されてから20年くらいは経っていると思うのですが、どうして今になってドラマ化が決定したのでしょう。

ハリーポッターブーム等が影響しているのかもしれません。

ストーリー的には当然子供にもわかりやすいもので、落ちこぼれの魔法使いが色々なことを頑張っていくという感じのものであるはずです。

原作通りであればですが。

一応は子供向けというドラマの設定なんでしょうが、もしかするとコメディドラマ的な枠になるのかもしれません。

どの程度原作に忠実にやるのか等も影響してくるでしょうが、NHKのEテレの方で放送することもあり、恐らくは子供と一緒に安心して見られる雰囲気のドラマになるのでしょう。

全12話と書かれていますが、私の記憶では12話もドラマが作れるほどに話が濃かった覚えはなかった気がします。

少しずつ分割するのか、それとも私が知らないだけで結構人気の本になっていて、いくつか続きが出ていたりするのでしょうか。

どうしても魔法使い学校のドラマとなるとハリーポッターを意識してしまいますが、それとは違う方向で展開されていくドラマだと子供の心もつかめるのかな、と思います。

 
 

ミルドレッドの魔女学校/ 10話/2020年/みんなの感想

 
わたしはこの「ミルドレッドの魔女学校」というドラマが放送されていることは知っていましたが、見たことはありませんでした。

放送されることは知っていましたが、どのような話の内容なのかも知りません。

ドラマの題名を呼んで思ったのは、「ハリーポッター」シリーズのドラマバージョンのようなものではないかと思いました。魔法世界が舞台になっている作品はたくさんあります。

その中でも私個人のなかでの魔法世界はどうしても海外の人たちが演じている世界が思い浮かびます。

日本人の顔よりも海外の堀の深い人たちの方が、「魔女」「魔法使い」というイメージにあっているからです。

そんななかこの海外ドラマは魔女学校が舞台のようです。

URLからホームページに飛んでみると、ハリーポッターよりも幼い女の子が主人公のようでした。

次回放送される話の内容は、年に一度だけ開催されている「魔法の薬の調合大会」についての話のようです。

「魔法の薬」と聞くだけで私はワクワクします。

今回の物語では主人公がどのような魔法の薬を作っていくのか楽しみです。

また「調合大会」ということなので、主人公以外のキャストたちも魔法の薬を作っていくのだと思います

。その薬も楽しみです。

 
 

まとめ

 
ミルドレッドの魔女学校は、年に一度の魔法薬の調合大会にミルドレッドが参加するということなので、絶対に波乱が起こるだろうなと楽しみにしています。

しかも、エセルとペアを組んで学校対抗で戦うなんて、絶対におもしろくなりそうです。

エセルはミルドレッドに足を引っ張らないでと言っていたけど、絶対にミルドレッドは失敗するんだと思います。

ミルドレッドがなにかエセルの頭の上に黒い雨雲のようなものを作り出していたのが気になりました。

もしかしたら、雷雨を降らせちゃったりするのかもと、ドキドキします。

また、今回対決する学校が、ヘカテ教頭のライバルの魔女がいる学校というところもおもしろそうです。

ライバルの姿を見て、ヘカテ教頭はかなりイライラしている様子だったし、何が何でも勝つようにと、ミルドレッドたちに言いつけそうな気がしました。

そんな、学校だけじゃなく、大人の事情も絡んだ対決がどんな結末を迎えるのか、とても楽しみにしています。

ミルドレッドはおっちょこちょいだけど、やるときにはやる子なので、最後には驚くようないい結末になるんじゃないかなと期待しています。

エルザのことも見返して、ヘカテ先生にもいい顔させてあげてほしいです。

 

まとめ

2019年、大阪地裁では、海賊版サイトの運営者に対して実刑判決を出しました。
この海賊版サイトとは、いわゆる「リーチサイト」のことです。
リーチサイト自体には著作物などは掲載されておらず、データーを置いたサイトに利用者を誘導するリンクを集めて掲載するなどしています。

このリーチとは英語で「ヒル」を意味します。
人や財産を食い物にする、という意味でこの言葉が使われているといわれています。
その名前の通り、リーチサイトは他者の著作物を使うことによって収益を上げているのです。
リーチサイトに出る広告を見ることなどで、リーチサイトは収益を得ます。
また広告をなくしたり、ダウンロードできる量を増やしたりすることのできる有料会員になれば、それもまた収益になります。

実刑判決がくだされた、という通り、このリーチサイトとは「違法」なのです。
このようなサイトに収益が入るのは利用者がいるからです。
利用者は「無料で便利」と思っているかもしれませんが、違法なサイトに収益が入る手伝いをしていることになります。
違法なサイトに関わることは犯罪に加担することになります。
そのため、絶対に関わるべきではありません。
法整備以上に、ユーザーが正しい判断をすることが大切です。
 

ミルドレッドの魔女学校/見逃し配信/10話/2020年/無料視聴まとめ/pandora、dailymotion、9tsu、miomio、youtube、パンドラtv、ユーチューブ、acfun、tver(ティーバー・ディーバー)でみれない時は

下記にて

(無料視聴できます)

 

↓ ↓

 

ミルドレッドの魔女学校無料見逃し配信視聴10話