ドラマ

シロクマパンダ/最終回/動画/見逃し配信後にhulu/番外編/別伝/特別編/特別版動画(11話)ドラマ無料視聴配信

シロクロパンダ/hulu/番外編/別伝/特別編/特別版動画(11話)ドラマ無料視聴配信
 

日本テレビで『シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。清野菜名×横浜流星W主演!』が放送されました

シロクロパンダの3月15日放送後の結末は、huluオリジナルストーリーが配信されます

 

見れない方は(青文字をクリックすると初回~フル視聴できるリンクに飛びます)

 

(無料視聴できます)

 

↓ ↓

 

シロクロパンダ/hulu/番外編/別伝/特別編/特別版動画(11話)無料視聴
 

シロクロパンダ/hulu/番外編/別伝/特別編/特別版動画(11話)/番組内容

 

囲碁棋士の川田レン(清野菜名)はネガティブな性格のせいで試合に勝てず悩んでいた。そんなレンの唯一の楽しみは、医学生・森島直輝(横浜流星)と会うこと。世間では、悪人たちを懲らしめる謎の人物・ミスパンダが話題になっていた。そんな中、顔に包帯を巻いた女性が飛び降り自殺し、さまざまな噂が飛び交う。ある日、レンは直輝に呼び出され、パンケーキの店へ。直輝がパンケーキにシロップをかけると、レンの意識は遠のいて…

 

シロクロパンダ/hulu/番外編/別伝/特別編/特別版動画(11話) キャスト

 

川田レン…清野菜名 森島直輝…横浜流星 神代一樹…要潤 佐島あずさ…白石聖 門田明宏…山崎樹範 加賀佳恵…椿鬼奴 東山楓…吉田美月喜 伊藤健人…坂東龍汰 加賀春男…升毅 飯田兼一…福田転球 川田麻衣子…山口紗弥加 Mr.ノーコンプライアンス…佐藤二朗

 

シロクロパンダ/hulu/番外編/別伝/特別編/特別版動画(11話)ユーザーの評価

 
過去の事件の真相が明らかになった直輝は、復讐に燃えていた気持ちから一気に絶望していたのが辛かったです。身勝手な少女の計画から始まり、大きな事件まで発展しまった過去の事件は、復讐心さえ奪うほど呆れるものでした。

そして、復讐を果たすために最後の力を絞った直輝でしたが、まさかミスパンダが身体を張って復讐を止めるとは驚きました。ミスパンダはいるもふざけながらも、直輝を心の底では心配していたことが伝わり、直輝とミスパンダの関係に感動した瞬間でもありました。

全てを明らかにしたい直輝ですが、ミスパンダが復讐を止めたこともあり、何とか正気を取り戻して欲しいと思ってしまいます。

そして、ミスパンダであり、レンとしても直輝と接するミスパンダは、今後どんな風に直輝と向き合っていくのか気になりました。

もうミスパンダとして直輝と一緒にシロクロ付けることは無くなるのではないかと思います。

そして、直輝は復讐の先をやっと現実的に考えるチャンスが巡ってきました。

ミスパンダの言葉に耳を傾けて、復讐心から乗り越えられることを期待したいです。

そして、レンとの関係も恋愛に発展することを願っています。

 

シロクロパンダ/hulu/特別編/特別版番外編/別伝/動画(11話)ユーザーの評価

 
やはり注目したいのが清野菜々さんと横浜流星さんの演技です。

彼らは最近注目されている人気若手俳優だと思います。色んな番組で目にします。

顔がきれいで完璧なルックスなだけでなくアクションもできる2人なので、どんな演技が見られるのか非常に楽しみです。そしてストーリーも現代ならではのものだなと思いました。

セクハラやパワハラ、そして不正組織への忖度など真相がグレーなまま闇に葬り去られている事件がたくさんあります。

現実の世界でも同じです。

それを大胆不敵に切り込んでいくということで、スカッとした結末が見られるのを楽しみにしています。

ドラマのタイトルも不思議なタイトルで、どのようなものなのか想像もつきませんでした。

まさか本当にパンダが出てくるとは思わず、そのパンダがどうなっていくのか、結末が楽しみです。2人の息のあったコンビネーションを見せてほしいと思います。また脇を固める俳優さんたちもかなり個性的です。

佐藤二朗さんや田中圭さんなど、色んな役を演じられているベテラン俳優さんもいる中で、名前も知らない俳優さんたちもたくさん出演されています。

どんなキャラクターや演技を見せてくれるのか注目して見ていきたいと思います。
 

シロクロパンダ/hulu/番外編/別伝/特別編/特別版動画(11話)みどころ

設定が複雑で、そこが新しくて楽しいところでもあります。

驚異的な身体能力を持つミスパンダ:川田レン(清野菜名)と、飼育員さん:森島直輝(横浜流星)がタッグを組んで悪を暴き、シロクロをはっきりつける。

そこを、白と黒の模様のパンダに例えて、「ミスパンダ」というヒーロー名になったのだろうと勝手に解釈しています。

でも川田レンは、自分がミスパンダだとわかっているのでしょうか。

何故そう思うのかというと、飼育員さんには他人の思考をコントロールする特殊能力があるのだとか。

その能力はSFっぽいですよね。近年ではスペック・ホルダーと呼ぶべきでしょうか。

その謎も、このドラマの一つの見どころになると、もっと楽しみになります。

それともう一つ、二人には依頼主がいて、その名をMr.ノーコンプライアンス(佐藤次朗)と言います。

誰かの指令でミッションを実行するというパターンは、洋画などで多く見られ、日本では「スケバン刑事」が代表格だと思っております。

いつの時代も、悪が暴かれてボコボコにされるのは痛快です。

見た後にスッキリするドラマを期待しています。

まとめ

 

初めて清野菜名さんを知ったのは「コウノドリ」のナースの役でした。

このドラマでは強烈な役者さんが揃っていたので、その当時はあまり強い印象は残らなかったのですが、色が白くて笑顔が柔らかで可愛いな、とはその時から思っていました。

それからしばらくして、「今日から俺は!」のヒロイン役で出演されていたのを拝見し、セーラー服が暗めの色だったので余計に肌の白さが際立っていて、「とても透明感のある女優さんだな」と思いました。

笑顔もとても可愛くて、可憐だという言葉がぴったりでした。

アクションシーンでもしっかり身体が動いていて、素人ではないように見受けられました。

柔道や格闘技の経験者か、もし経験が無いのであれば運動神経がとてもいいのかもしれません。

ドラマの主題歌をダンス付きで歌うシーンもあったのですが、共演されていた橋本環奈さんと可愛く踊りきっていて、それもとてもキュートでした。

ヒロインに抜擢されるだけの魅力はしっかりとお持ちだと思います。

CMにもいくつか出ておられますが、嫌味なところがないのですっと受け入れられます。

こんなに魅力を兼ね備えた方であれば、これからどんどん出演作品が増えていくだろうな、と思いました。
  シロでもクロでもない世界で、パンダは笑うは主演、清野菜名さんと横浜流星さんのW主役でお送りするドラマです。

原作がない完全オリジナルストーリーとなっております。

清野菜名さん演じる川口レンは驚異的な身体能力をもつミスパンダという異名を持っています。

また、横浜流星さん演じる森島直輝はメンタリストです。

この2人がタッグを組み世の中のグレーゾーンをシロクロはっきりつけるストーリーとなっております。

川口レンにはアクションシーン、森島直輝には頭脳プレーがあるのでそこが見どころではないかと思います。

また、Mr.ノーコンプライアンスを演じる佐藤二郎さんはコミカルな演技に定評があるのでコメディー要素もありそうなのでそこも注目ポイントです。

様々な依頼をこなしていきそうなのでどの回から見ても面白そうです。

また、川口レンの親代わりをしている加賀春男(升毅)、加賀佳恵(椿鬼奴)の掛け合いも面白そうです。

椿鬼奴さんがどんなお母さん役をするのか面白そうです。

また、升毅さんはやさしいおとうさん役になりそうですね。

この3人の日常会話シーンも面白そうです。

まだ、全容がよく見えないのでSNSでの考察などが盛り上がりそうなのでネット上での考察の出し合いでも盛り上がりそうです。

演者だけでなく視聴者もオンエアまでいろいろ考察できる楽しさがあり盛り上がること間違いなさそうです。
シロクロパンダ/hulu/番外編/別伝/特別編/特別版動画(11話)pandora、dailymotion、9tsu、miomio、youtube、パンドラtv、ユーチューブ、acfun、tver(ティーバー・ディーバー)でみれない時は

下記にて

(無料視聴できます)

 

↓ ↓

 

シロクロパンダ/hulu/番外編/別伝/特別編/特別版動画(11話)