バラエティ

世界スプリント・オールラウンド選手権2020/見逃し配信/再放送/3月14日放送無料視聴フジテレビ

世界スプリント・オールラウンド選手権2020/見逃し配信再放送3月14日放送無料視聴フジテレビ

 

2020年3月14日26時15分からフジテレビで『世界スプリント・オールラウンド選手権2020<フジバラナイト SAT>』が放送されます

 

見逃した方や放送地域にない、見れない方は(青文字をクリックすると初回~フル視聴できるリンクに飛びます)

 

(無料視聴できます)

 

↓ ↓

 

世界スプリント・オールラウンド選手権2020/見逃し配信3月14日放送無料視聴フジテレビ
 

世界スプリント・オールラウンド選手権2020年3月14日見逃し配信 /番組内容

 

スプリント総合男子の新濱立也が初優勝!女子は高木美帆&小平奈緒がワンツー達成!オールラウンド総合男子は一戸誠太郎が23年ぶり表彰台の快挙!

番組内容
2月28日~3月1日までノルウェーで行われた「スピードスケート世界選手権」の模様を日本人選手の活躍を中心にお送りします。

 

世界スプリント・オールラウンド選手権2020 出演者

 

男子解説
清水宏保 

男子実況
藤井弘輝(フジテレビアナウンサー) 

女子解説
菊池彩花 

女子実況
鈴木芳彦(フジテレビアナウンサー)

 

世界スプリント・オールラウンド選手権2020/見逃し配信3月14日放送みどころ

 

スピードスケートの世界スプリントと世界オールラウンド選手権がフジテレビで3月14日土曜日の深夜に放送されますね。

今年は女子スプリントの2大エース対決も見どころ十分でしたが、男子が活躍してくれたのも良かったです。

ですので、男子、特に男子スプリントの映像に注目したいですね。男子スプリントは500m、1000m両方で世界記録を持ちデュフェンディングチャンピオンでもあるロシアのパヴェル・クリズニコフ選手が本命で、昨年初出場で2位だった新濱立也選手がリベンジに挑戦するという構図で始まったのだと思います。

本番では新濱立也選手が大会初日500m2位、1000m1位でトップにたって、2日目も500m1位、1000m3位とそのまま最後まで押し切る形になりましたね。

新濱立也選手は今回の世界スプリントも良かったですが、今シーズンの世界距離別の500mでも銅メダルを獲得しており、さらに昨シーズンはソルトレイクのリンクで500mで33秒台連発するなど、次のオリンピックでは金メダルを期待できる選手だと思います。

ですので、世界スプリント、距離別、そしてワールドカップの連戦ではしっかり成績を残して2022年のメダル獲得につながるようフォローし続けたいと思います。

今回の放送でもそういう意味で新濱立也選手の滑りをしっかり確認させていただきます。
 

世界スプリント・オールラウンド選手権2020/見逃し配信3月14日放送゙ 楽しみな点

 

今年は男女合わせて4人のメダリストが誕生しましたが
やぱり一番注目したいのは女子の世界スプリントスピードスケート選手権でしょう。

2019年のこの大会は小平奈緒選手と高木美帆選手の争いとなりましたが、3種目目まで小平奈緒選手が初日500m1位、1000m4位、2日目500m1位、そして高木美帆選手が初日500m4位、1000m2位、2日目500m4位となり、最後の1000mは2人が最終組で優勝を争うということになりました。

その結果1000m小平奈緒選手が2位の高木美帆選手にわずかに及ばぬ3位と粘って総合優勝したわけです。

昨年の大会ではやはり短距離女王の小平奈緒選手強し、と思ったものですが、今年2020年は高木美帆選手が小平奈緒選手に勝ってしまったのですよね。

しかも、高木美帆選手は4本中3本1位で、500mでも小平奈緒選手との2度の対決で1勝1敗と圧勝してしまいました。

今年は高木美帆選手がオールランドへの出場を見送ってスプリントに絞って調整したからという理由もあるにはあるのでしょうが、それにしても高木美帆選手すごかったです。

そんな小平奈緒選手と高木美帆選手の優勝争いを思う存分楽しめる番組になっていることを期待して番組を拝見したいです。これは楽しみですね。
 

世界スプリント・オールラウンド選手権2020 見逃し配信ファンの声

 

耳にした事がない大会名だな、しかもどの競技かすらわからなくどんな大会なんだろうと見てみると好きなスピードスケートで通常の大会とは異なりとても面白い設定で競うというものでしたので、こういう大会もいいものだなととても興味が湧きました。

スプリントの部では500mには500mのスペシャリストが100mには100mのスペシャリストがいますので各選手が得意分野でどれぐらい貯金を作れるのか見ものですし、オールラウンドの方はスプリントにも増して面白く楽しそうでこちらも興味が湧きます。

短距離から長距離まで4種目も滑走するとなれば体力的にも大変でしょうし、どの距離の部門でどれぐらい力を入れるかという力の入れ具合も勝敗の大きく関わってきますので、各選手がそこをどう考えながら滑っているかを想像しながら見るのも楽しそうです。

4種類もあれば最初の1種類目や2種類目で振るわなくても後半で大逆転の可能性も残される訳ですから最後の最後まで目が離せません。

もう1つのチームパシュートも以前はなかった競技ですが初めて見た時からその魅力に嵌ってしまいましたのでこのような大きな大会で実施されるのは嬉しくて仕方ありません。

そして何より嬉しいのがどの種目も我が日本の代表が優勝候補として名前を連ねているという事です。

五輪の時のような興奮やドキドキをまたこの舞台でも味わえたら嬉しいです。

解説陣も金メダリストが2名の豪華版ですので解説もとても楽しみです。

特に菊池さんの解説は初めて聞きますのでどのような解説をしてくれるのか注目したいです。
 
3月14日土曜日深夜26時15分から放送される 世界スプリント・オールラウンド選手権。大会自体は終わっていて生放送ではないですが、日本人選手が大活躍した大会ですので楽しみに見させてもらおうと思います。

特に男子のオールラウンド選手権の映像が楽しみです。

男子のオールラウンド選手権は短距離の500m、中距離の1500、長距離の5000m,
10000mの4種目を滑って総合ナンバーワンを決めるという大会で、スピードスケートの鉄人決定戦のような大会です。

そんな世界オールラウンド選手権では1800年代から行われている歴史の長い大会ですが、日本選手はなかなか好成績をおさめることができず、メダルを獲得したのは1995年銀・1996年銅・1997年銀で3大会連続でメダルを獲得した白幡圭史さんただ一人です。

白幡圭史さんは長距離の選手で2002年ソルトレークシティオリンピックの10000mで日本人史上初の4位と惜しくもメダルを逃してしまいましたが、長く長距離のエースとして活躍していました。

そして、今回のオールラウンド選手権では、一戸誠太郎選手が3位となり白幡圭史選手以来23年ぶりにメダルを獲得したわけです。

番組では一戸誠太郎選手を中心に放送されると思いますが、ウイリアムソン師円が6位、土屋陸選手が9位となかなかの活躍を見せてくれましたので、この2人の映像も出てくるといいな、と思っています。

まとめ

 
一番楽しみなところは、金メダルを日本男子がとれるかどうかですが、それと同じくらい楽しみに思うことがあります。それは、解説者が清水宏保さんという点です。
彼は、本当に強い選手でしたし、人間的にも良さそうな方なので、大好きな有名人の一人です。

私は、スポーツ選手のインタビューや言動には注目していて、よく哲学などを学ばせてもらうことがあります。

私自身が、スポーツマンタイプの人間ですし、プロであれアマチュアであれ、本当に良いアスリートの言動には共感できたり、納得する部分が多いです。

でも、私が共感できるアスリートの方々は、あまりテレビなどには出てこないので、清水さんもそのうちの一人で、こうやって清水さんの発言をきけることは嬉しく感じます。

清水さんは、とても体の小さい方ですが、筋肉のつきかたにはよく注目していました。

引退してから、ダウンタウンデラックスか何かで、脚の筋肉を披露されていましたが、やはり本当にすごくて、どれだけ努力をされてきたのかを再確認したことがありました。

「こんな場所にも筋肉をつけることができるのか」と本当に驚くとともに、どれだけきつい練習に耐えて、しかも長い期間にわたって努力をされてきたかが伝わりました。

そんな清水さんが、身体面やメンタル面など様々な角度から解説をしてくれるのですから、信用できると感じ、とても楽しみです。

 
今年の新型コロナウイルスの影響で、野球やサッカー、バスケにフィギュア世界選手権などのスポーツイベントが次々と延期・中止に追いやられ、テレビでもスポーツ中継が消えている最中、このような国際大会がテレビで見れることは嬉しい限りです。

しかもスピードスケートは日本がお家芸としている競技の一つであり、小平奈緒選手や髙木美帆選手が平昌でメダルを獲得したことが記憶に新しく、日本勢の活躍が期待されます。

昨年のオールラウンド選手権で優勝・準優勝を分け合った高木選手には、是非今年も優勝を争ってほしいです。

また、近年では男子の成長が目まぐるしくあり、平昌五輪の男子チームパシュートで銀メダルを獲得した、土屋良輔選手、一戸誠太郎選手、ウイリアムソン師円選手に加え、今年の世界選手権スプリント選手権で優勝を果たした新濱立也選手もこの大会に出場し、世界一を競います。

今大会はスプリント・オールラウンド選手権ということで、短距離から長距離まで4種目を走り、総合No.1を決定する、まさに真の世界一を競う大会です。

1種目ごとに順位が入れ替わり、逆転に次ぐ逆転の展開も予想されます。

世界の強豪との戦いの中で、2年後のロシア五輪に向けて、日本の力を世界にアピールしてくれると期待しています。

世界スプリント・オールラウンド選手権2020/見逃し配信3月14日放送pandora、dailymotion、9tsu、miomio、youtube、パンドラtv、ユーチューブ、acfun、tver(ティーバー・ディーバー)では見れない時は


(無料視聴できます)

 

↓ ↓

 

世界スプリント・オールラウンド選手権2020/見逃し配信3月14日放送無料視聴フジテレビ