バラエティ

うたテクネ/動画/柳沢翔×リバーサイドホテル/フル配信無料視聴まとめ

うたテクネ/動画/柳沢翔×リバーサイドホテル/フル配信無料視聴まとめ

/
 

2020年3月19日22時45分からNHK Eテレ放送される

『うたテクネ「柳沢翔×リバーサイドホテル」動画配信』
について書いた記事です

 

放送地域にない、見れない方は(青文字をクリックすると初回~フル視聴できるリンクに飛びます)

 

(無料視聴できます)

 

↓ ↓

 

うたテクネ「柳沢翔×リバーサイドホテル」動画配信
 

うたテクネ/番組内容

 

70年代や80年代初頭までの「日本のうた」を現代の感覚で映像化、うたに新しい命を吹き込みます。井上陽水「リバーサイドホテル」(82年)に、柳沢翔が挑戦!

番組内容
「テクネ 映像の教室」の新シリーズ第2弾。70年代や80年代初頭までの「日本のうた」を、気鋭のクリエーターが映像化。現代の感覚で、うたに新しい命を吹き込みます。井上陽水「リバーサイドホテル」(1982年)に、柳沢翔(映像ディレクター)が挑戦。ファンタジックな映像で、歌の世界にまよいこむ…

 

うたテクネ 出演者

 

柳沢翔

 

うたテクネ「柳沢翔×リバーサイドホテル」動画配信みどころ

 

今回のシリーズは、70年代や80年代の名曲の世界を現在の感覚で映像化することで、歌に新たな命を吹き込もうという番組です。

そして、映像化される名曲は井上陽水さんのリバーサイドホテルです。この曲は、発売当初はそこまでヒットしませんでしたが、ニューヨークを舞台にした恋愛ドラマの主題歌として有名になりました。ドラマを見た世代の人達は、印象的なイントロを聞いただけですぐに思い出せる人が多いでしょう。

当時は、曲が発売されてもミュージックビデオを制作されることはありませんでした。カラオケでも曲とは関係のない映像が流れているだけです。

ミュージックビデオが一般的に注目されたのは、マイケルジャクソンのスリラーからですし、日本でも一般的に制作され見られるようになったのは、小室ファミリーの時代からでしょう。

そして、まだ誰も手を付けていないこの曲の映像化に挑戦するのが、柳沢翔さんです。彼は、映像監督としてミュージックビデオだけなく多くのCMを制作した経験を持ち、映画にも挑戦しています。

今回は、ファンタジックな映像で歌の世界を見せてくれるようなので期待しましょう。

最後に、今回のシリーズでは荒井由実さんや菅原文太さんの楽曲など、この曲を含めて4本が制作されました。

どうか新たな命が吹き込まれた名曲の世界を、一度体験してみてください。

 

うたテクネ「柳沢翔×リバーサイドホテル」動画配信 楽しみな点

 

一昔前に親しまれてきた歌に現代のテクノロジーを駆使して新たな命を吹き込む、とても面白い試みです。

井上陽水の「リバーサイドホテル」など私自身も知っている曲ですから楽しみです。

若い子たちも知らないなりにノスタルジーを感じるのではないでしょうか。

少し前に、南野陽子の「ダンシングヒーロー」がダンス曲となったこともあり大ヒットしました。

現代のアーティストが昔の曲をカバーするというのも当たり前となっている手法、人の心を打つ曲というのは時を超えて変わらないものなんだなと思います。

更に今回は映像というプラスの演出が加わることに、耳だけでなく視覚にも訴えてくるということとなるとその世界へともっと入り込めそうです。音楽番組は曲を聴くもの、なので耳が悪い方だと触れ合うことはありませんがもしかしたら一緒に見られるかもしれません。

同じ曲でも捉え方は人それぞれ、でも今回は桜沢翔さんなりの世界が見られます。

それを受けてまた違ったイメージが浮かび上がっていくことも、より深く感じられるでしょう。

70年代80年代を中心に取り上げることとなりますが、とても面白いので現代のヒット曲などもやってみてほしいです。現代ならではの歌の捉え方、今後は主流になっていくかもしれません。

 

うたテクネ「柳沢翔×リバーサイドホテル」動画配信視聴者感想

 

楽しみな所は、日本の70年代から80年代初頭の歌を現代風にアレンジして歌う所です。
気鋭のクリエーターが、映像にもこだわってファンタジックなリバーサイドホテルに仕上げているという事で楽しみです。

井上陽水さんの名曲リバーサイドホテルは、サビ部分が、印象的なのでサビをどう演出するのかみてみたいです。

井上陽水さんのリバーサイドホテルを聴くと田村正和さんのドラマで使用されていたのを思い出します。

田村正和さんのおしゃれなフインキとこの曲が、ピッタリでかっこ良かったです。

日本の歌だけれどどこか海外のフインキもする曲だと思うのですが、今回は、ファンタジックな映像になるのでどんなフインキの曲になるのか楽しみです。

柳沢翔さんが、現代の感覚で映像化するので今までのイメージとちがうリバーサイドホテルを楽しみにしています。

面白そうな所は、他の曲も現代風にアレンジしてみたら面白そうな所です。
当時の曲のイメージをかえて現代風に演出するとどうなるのかみてみたい曲が、他にもあります。

アイドルの曲も現代風に映像化するとドラマのように面白くなりそうです。

クリエイターのこだわりの映像で歌の演出の面白さも感じられる番組ですね。

 

悪質な違法リーチサイトに注意

 
映像業界の売上に打撃を与えている違法動画を紹介するサイトは悪質ですが、お勧めしないといってURLを貼るのはさらに悪質です。

現状、違法動画を探していくにはしらみつぶしに調べていくことや通報によってしか知ることが出来ず、こういうタイトルをつけた記事にすることによって発見を分かりにくくする工夫が施されているとしか考えられません。

そもそも違法動画についてニュースをきっかけに、なぜ良くないのかを調べようとする人も辿り着いてしまうこういったサイトは、関心がない人でも引き込んでしまう可能性があります。

また昔は詐欺広告が多く危険という認識がありましたが、こういったサイトが結局URLを貼ることにより、危険度が分かりづらくなってしまっているのでは無り引き込むきっかけになってしまっているのでは無いでしょうか。

実際はワンクリック詐欺が自在していたりと状況は変わらないのにも関わらず、本当に違法性を記載している記事などが埋もれてしまう事も懸念されます。

またこういったサイトは大体が自己責任でお願いしますと明記されており、責任を放棄している人物が作成している事は明白です。

正義のフリをして違法へ導くこういった詐欺まがいの違法動画サイトは本当に悪質だと感じます。
著作権というのは本当にややこしいものでそれが原因のトラブルは無数にあります。ドラマや映画などをネットにアップロードする事は明らかな違法行為であり、テレビCMでもたびたび警告をうながしています。

しかし、自分自身がアップロードするのではなくそのような違法動画にリンクを貼る行為は法律的にはまだまだ規制が緩い傾向にあります。

サイト運営者はそれをわかったうえでリンクを貼っているわけですからむしろ違法動画掲載サイトより悪質といえます。万が一、違法動画なので削除してくださいと言われたらさっさと削除すれば問題はないわけであわよくばそのままバレずにすめば永遠にリンクを貼り続けるでしょう。

現在、ネット上には膨大な数のサイトが存在しますからうまく監視の目をくぐりぬけて違法動画へのリンクを貼り紹介料などの報酬を受け取っているわけです。何も知らないユーザーは違法動画を見て自分の視聴目的でダウンロードしてしまったりサイトによっては動画にアクセスしただけで勝手にダウンロードをされてしまうサイトもありますから、それらのユーザーが罪に問われてしまう可能性があるわけです。

リンクを貼っているサイト運営者が利益を得るために第三者が犯罪に巻きこまれてしまうわけです。

でもこの場合、罪に問われるのは違法動画掲載サイトとそれにアクセスしたユーザーだけ。リンクを貼ったサイト運営者は罪に問われることはありません。

人のふんどしで相撲を取る、一番悪質性があるといえます。

 
うたテクネ「柳沢翔×リバーサイドホテル」動画配信pandora、dailymotion、9tsu、miomio、youtube、パンドラtv、ユーチューブ、acfun、tver(ティーバー・ディーバー)でみれない時は

下記で

(無料視聴できます)

 

↓ ↓

 

うたテクネ「柳沢翔×リバーサイドホテル」動画配信