ドラマ

レミゼラブル nhk 再放送ドラマ/動画/2話1話初回2020年3月22日無料視聴まとめ

レミゼラブル nhk再放送ドラマ動画2話1話初回2020年3月22日無料視聴まとめ

 

2020年3月22日23時からNHK総合で『レ・ミゼラブルだ12話』が放送されます

 

見逃した方や放送地域にない、見れない方は(青文字をクリックすると初回~フル視聴できるリンクに飛びます)

 

(無料視聴できます)

 

↓ ↓

 

レミゼラブル ドラマ 2話再放送無料視聴まとめ
 

レミゼラブル nhkドラマ /番組内容

 

ヴィクトル・ユゴーの名作が、新たによみがえる!偽名を使い別の人生を送っているジャン・バルジャンと、仕事を求めてやって来たファンテーヌがモントルイユの町で出会う。

番組内容
マドレーヌという偽名を使い、モントルイユの人々の尊敬を集め市長となったジャン・バルジャン。工場も経営し、巨万の富を得ていた。そんな町へ、仕事を求めてパリからファンテーヌがやってくる。運よく仕事を見つけられ、すべては順調に行くかと思われていたが…。時を同じくして、トゥーロンの徒刑場の元看守ジャベールが警部として警察署に着任。市長マドレーヌが、元囚人のジャン・バルジャンではないかと疑いを持つ…。

 

レ・ミゼラブル キャスト

 

ドミニク・ウェスト…井上和彦,デヴィッド・オイェロウォ…坂詰貴之,リリー・コリンズ…永宝千晶,アディール・アクタル…丸山壮史,オリヴィア・コールマン…林真里花,ジョニー・フリン…中村章吾

 

レミゼラブル ドラマ 2話/NHK/2020年3月22日みどころ/h2>

 
あの『レ・ミゼラブル』が連続ドラマ化という事だけで、期待大です。舞台や映画のファンなので、あの濃密な作品をより深くキャラクターごとに描いているのではないかとわくわくします。

特に、コゼットの母親のフォンィーヌが、どんな描かれ方をするか気になります。

悲劇の女性でありながら、芯の強い母親の側面がしっかり描かれていれば嬉しいです。

フォンィーヌの若い幸せだった頃や、家族との関係が分かりやすければ、初めて『レ・ミゼラブル』観る方でも分かりやすくなるんじゃないかと思います。

加えて、エポニーヌも楽しみの1つです。

意地悪な幼少期と悲劇の青春期ばかりピックアップされる彼女ですが、コゼットとは違った魅力あるヒロインなので、ぜひ深堀りしていて欲しいです。

そして、この2人と言えば最高の歌ですが、ドラマと言うことでどうかな、と不安があります。

挿入歌になってしまうのも勿体ないのですが、ドラマで登場人物に歌いだされると、ドラマのジャンルが変わってしまうジレンマ。

けれど、何にせよこの2人だけでなく、名曲と結びつきの深い作品ですから、音楽は当然楽しみの1つです。

ドラマならではの視点と、美しい音楽をこれから楽しみにしています。

 

 

 

レミゼラブル 2話/NHK/再放送2020年3月22日視聴者感想

 
とても有名な作品で、ミュージカルや映画など様々な媒体で上演されている作品を、ドラマでどのようなに表現していくのかに興味があります。

フランス革命の頃を生きる人々の生き様を、それぞれにスポットを当てて描くところが楽しみです。元囚人や警官、お針子など登場人物は仕事も豊かさも異なります。

生い立ちは異なるけれど、その人物がどのような経緯でその生き方をするに至ったか、またその人物の生き方の芯となるものは何かに注目したいです。

元囚人のジャン・バルジャンはなぜパンを盗んだのか、なぜ人生のやり直しを決意したのかや、お針子ファンテーヌの恋の行方など、それぞれのキャラクターに与えられているストーリーの描かれ方、日本からはかけ離れた時代背景との絡め方に期待が膨らみます。私はこの作品に限らず、小説やドラマの醍醐味は、自分以外の人物の人生を垣間見ることが出来る点だと思っています。

共感できる、できないは別にして、登場人物の人生を見ることは、まるで別の人間になった気分になり、ストーリー内に入り込んだようにも感じます。
この作品は登場人物が多いので、何通りもの「人生」を見られることが楽しみです。

また、人物ごとにスポットを当てるだけでなく、ドラマ1話ごとのストーリー構成も興味があります

 

私は、原作小説と映画版(2012)は観たことがあるのですが、映画の時間だけでは、物語が膨大なので短すぎるという印象がありました。

また、ミュージカルの映像化した作品なので、原作小説とはところどころ違った印象を受けました。

イギリスBBC製作なので完成度も非常に高そう。

別の題材ですが、現代のフランスを舞台にしたパリ郊外暴動事件を描いたレミゼラブルという映画もカンヌ映画で審査員賞を受賞している。

何度もリメイクされていることから、現代にも当てはまる普遍的な内容である。

ジャベール役を黒人の俳優が演じているので、人種差別や社会的メッセージが強く反映されているのではないかと予想します。

予告動画を観た印象ですが、映像が映画やミュージカルのようなドラマチックな映像というより、再現VTRのような生々しい映像印象なのでよりリアリティを感じそうで楽しみです。

ドラマなので時間も長いので時代背景や登場人物をより掘り下げていて、今までの映像化作品とは違ったことをしてくれるのではないかと期待しています。
主要キャストも映画出演のある実力派たちなので、ドラマだからといってスケールダウンもなく楽しみです。

まとめ

 
特に衝撃を受けたのは、まだ小さい子供たちが巻き込まれていることです。

平和という言葉を知らずに生きてきた子供たちに胸が痛くなりましたが、最新版『レミゼラブル 』では、これが現実なのだと突き付けらる気がしました。

あえてヒーローなどが登場するワケでもなく、現実をとことん描いた姿勢にメッセージ性を強く感じました。

どんなに世界平和を願っても、ある街では争いなどが繰り返し行われ、怒ることでしか主張の出来ない世界に考えさせられるものがあります。

警察が機能していない街もあることを痛感させられました。

なぜこの状況を生んでしまったのか、貧困なども影響しているように感じます。

そして、怒りや憎しみを誰にぶつけたら良いか分からない感情も伝わってくる作品で、平和な映画では感じることが出来ない世界観に魅了されてしまいました。

また最新版『レミゼラブル 』の予告を見ただけで、胸の鼓動が早くなるのを感じました。

危険な世界観ですが、目を背けてはいけない映画だと感じています。

 

心を揺さぶられる映画だと思います。有名なレ・ミゼラブルなので、大体のあらすじは、知っているつもりですが、細かいところまで知らないので、この機会に見たい映画です。

ジャン・バルジャンの波乱万丈な、人生を見てみたいです。

貧富の差が大きい当時のフランスで、人々が必死に生きていく様に、興味を惹かれます。

ジャン・バルジャンは、不遇な環境に身を置かれながらも、色んな人々に助けられたり、また彼自身も人に手を差し伸べたりと、人との関わりの大切さが描かれている様に思います。

スケールの大きい、映画らしい映画になっていそうで、期待が膨らみます。

映画を観終わった後に、心に色々な想いが残りそうな、そんな予感がします。

出ている俳優、女優さんも、迫真の演技で演じておられて、人間の嫌なところも良いところも、心にグッと刺さりそうです。

地に根を下ろして、生きていくために、必死に働く当時の人々が、勉強になりそうです。

現代とは違う働き方、身体を使った肉体労働、色々と勉強になり、思う事がありそうです。

全体的に、少し暗いイメージがあるのですが、楽しいシーンや、見ていて嬉しくなるシーンがある事を願います。

世間で、評価の高い映画なので、きっと素晴らしい作品なんだろうと、見るのが楽しみです。

 

レミゼラブル ドラマ再放送 2話/NHK/2020年3月22日初回無料視聴 【dailymotion】 【pandora】【デイリーモーション】 【 miomio】; 【9tsu】youtube/tver(ティーバー・ディーバー)でみれない時は

下記で

(無料視聴できます)

 

↓ ↓

 

レミゼラブル ドラマ 2話/NHK/2020年3月22日初回無料視聴まとめ