ドラマ

螢草 菜々の剣/最終回/動画7話再放送/見逃し配信無料視聴(3月21日放送日)2020年

螢草 菜々の剣/最終回/動画7話再放送/見逃し配信無料視聴(3月21日放送日)2020年
 

2020年3月21日18時05分からNHK総合で『【土曜時代ドラマ】螢草 菜々の剣 [終](7)「いのちの剣」』が放送されます

 

放送地域にない、見れない方は(青文字をクリックすると初回~フル視聴できるリンクに飛びます)

 

(無料視聴できます)

 

↓ ↓

 

螢草 菜々の剣/動画/7話最終回/2020年NHKドラマ(3月21日放送日)の無料視聴まとめ
 

螢草 菜々の剣 /第7話番組内容

 

べてを失った菜々が一矢を報いる秘策とは?ついに訪れる轟との直接対決。それぞれの思いが交錯する最終章!
雪江(南沢奈央)に子どもたちを託した菜々(清原果耶)は、思い出残る家を離れることを決意。だが恩赦が轟(北村有起哉)の偽計で、市之進(町田啓太)が無実の罪を認めたのは自分のためだと知った菜々は、轟に御前試合での父の仇討ちを申し入れる。菜々を始末する良い機会との日向屋(本田博太郎)の思惑で仇討ちが許可され、菜々は轟との対決に臨むことに。ひと太刀だけかわしたいと仲間達に告げる菜々には、ある勝算があった。

 

螢草 菜々の剣 キャスト

 

清原果耶,町田啓太,谷村美月,北村有起哉,本田博太郎,南沢奈央,イッセー尾形,石橋蓮司,宇梶剛士,松尾諭,濱田マリ,中原丈雄,中山麻聖,高田翔,中村育二,山下心煌,田中乃愛,近江谷太朗,天野はな,後藤剛範,瀬口寛之,

 

螢草 菜々の剣/再放送/見逃し配信/7話/2020年NHKドラマ(3月21日放送日)ストーリー性

 

果那さんはダンスが得意とのことですが、まさか刀(木刀)まで操れるとは。

果那さんのブログにも始めて剣を触った時緊張で強張ってたと書いてあるので、殺陣の演技は今回のドラマが初めてだったのでしょう。

その努力、訓練の様子がうかがい知れます。

さらに、かどわかしの浪人を一撃で倒した場面もよかったですね。

今後の菜々の活躍、殺陣のすばらしさを存分に見せてほしいものです。

清原果那さん、松尾諭さん以外にも質屋の女将役の濱田マリさん、死神先生役の石橋蓮司さん、駱駝の親分役の宇梶剛士さんの演技が楽しみです。

それぞれ役にピッタリではないでしょうか。今後の展開を期待します。

 

NHKの土曜時代ドラマ枠で放送されているテレビドラマ『螢草 菜々の剣』。

風早市之進・佐知夫婦の家で奉公に出ている主人公の菜々は、そこで主人を訪ねてきた男を見て愕然とします。

その男は轟平九郎は藩政を陰で動かす実力者であると共に、菜々の父を無実の罪で切腹に追いやった憎き仇だったからです。

しかも轟平九郎は、現在菜々を慈しんでくれている奉公先の主人風早市之進をも陥れようと画策します。

奉公先の風早一家を守ると共に、父の仇を討つための菜々の戦いが始まるという物語です。

時代劇としては典型的な仇討ちの物語ですが、主人公が少女という点が新鮮ですね。

なかなか女性の身で剣を振るうというのは大変ですし、しかも討つべき相手は藩政を陰で動かすほどの実力者ですから、とてつもない強敵だとも言えます。

主人公がひょんなことから剣の達人の知遇を得て弟子入りし、更に個性的なキャラクター揃いの仲間たちの協力を得ながら、最終的に轟平九郎を倒しに至れば、それは王道的な仇討ちのストーリーです。

あまり奇をてらっていない分、まっすぐな気持ちで見ることができるドラマだと思います。

また主人公菜々を演じている清原果耶はまだ18歳だそうですが、とても清純な雰囲気で、ヒロインの清楚さを際立たせていますね。将来が楽しみな女優さんです。

 

ここまでの作品を見て、印象に残っている場面は2つあります。

1つ目は、檀浦五兵衛が剣術指南役となったことを知り、仇討のため彼に剣術を教えてもらえるよう頼みに行った場面です。

檀浦は、団子の恩があるとはいえ理由もわからず女性に剣術を教えること渋ります。

そして、自分の剣の実力を見せることで厳しさを実感させ諦めさせようとします。

しかし菜々は、檀浦の剣筋を1度見ただけで動きのすべてを再現してしまうほどの才能を持っていました。

檀浦は、彼女の真摯な姿勢と眼から伝わる必死な想いに打たれ教えることを承諾します。

2つ目は、市之進が家に戻ると菜々と子供たち3人が体を寄せ合い眠っているのを見つけた場面です。

風早家の佐知が亡くなり、子供たちが悲しみに暮れていました。

菜々は子供たちを励まそうと世話を続けます。

しかし、疲れが出たのか世話をしながら3人で眠ってしました。

市之進は菜々を責めることなくそのままにしておくのですが、目覚めて事態を知った菜々の焦った様子がとても可愛らしく見えました。

かたき討ちなど忘れて、このまま女中として幸せに暮らしていければと思った場面です。

しかし、菜々の敵討ちはさらなる展開を迎えます。

菜々の敵が轟であることを市之進も知るのですが、轟の罠にかかり風早家は窮地に追い込まれていきます。

市之進のために奮闘する菜々の姿を皆で見守っていきましょう。

 

螢草 菜々の剣/再放送/見逃し配信/7話/2020年NHKドラマ(3月21日放送日)感想

 

市之進が投獄され菜々たちが屋敷を追われましたが、船をはじめ多くの人に支えられ生活もなんとかできるようになりました。

しかし、市之進が置かれている状況は何も変わらず、いつ切腹を言い渡されてもおかしくありません。

すべては、轟による謀略によるもので彼の行動の裏には風早家に対する恨みがありました。

そして、いよいよ菜々の前に轟が現れ、彼女の素性も知られてしまいました。

物語は、菜々の仇討と市之進の救出という佳境を迎えます。

轟は、菜々には何も力がなく自分の恨みを晴らすことだけを考えていますが、彼女の周りには多くの協力者がおり実力も侮れません。

知恵比べでは菜々には死神先生という助っ人がいますし、商売に関しても船がいます。

日向屋を含め轟達の陰謀を暴くだけの人材はそろっています。

さらに、駱駝の親分に頼めば街で起こっていることを調べることも容易にできます。

しかし、それだけでは轟を倒すまでの力には至りません。

最終的には、菜々と轟の立ち合いによる直接対決となるはずです。

だんご兵衛に剣術を習っていますが、轟もかなりの実力のようです。

菜々の仇討の時に、一人で戦うのか隣に誰かが助太刀をするのかが注目です。

だんご兵衛が一緒に戦うか、それとも市之進なのか最後まで見逃せません。

 

まとめ

 
元は武士の娘で、藩内の不正な取引きを主君に申し出たところを冤罪をかけられ死に追いやられた父を持つ主人公の菜々は、風早家に奉公に出ます。

仇打ちをするため、剣術を習います。

風早家では、当主の意向により、食事も奉公人も同じように取れるような家柄であり、菜々は重宝されます。

不逞な輩、野盗から風早家の子息を守るため、木刀(木の棒きれ)で一突きで倒し、守り切るシーンは迫力があります。

奉公先の風早家の当主(風早市之進)は勘定職であり、藩内の不正を見出し、調べ上げ、主君の知らせるところで、冤罪をかけられてしまいます。

菜々の仇でもある轟 平九郎が闇討ちに遭うも返り討ちにするのを目撃してしまう。

風早市之進が冤罪をかけられ、轟に菜々自体が闇討ちになるところまで見たが、菜々の仇打ちができるのか、奉公先の奥方に頼まれた子息を守りぬことができるのかが楽しみな番組です。

時代劇なので当然、殺陣もあります。奉公人でありながら殺陣まである役柄でありますので、藩士以外であっても仇打ちするところが見どころとなります。

当時の食事はどのように再現されているかは、さほど見どころとはならないように思います。

それよりも菜々に協力していく町人たちと轟との対決していくところが見どころとなります。

時代劇のドラマは女性が主人公と言うものは少なかったような気がしますし、今までにそこまでなかったような気もします。

時代劇は水戸黄門など昔から数多くのドラマがやっていますが。

原作は葉室麟による長編時代小説。

『小説推理』2011年11月号から2012年7月号に連載され、2012年12月21日に双葉社より刊行されたもので、比較的最近に連載されたものです。

また比較的最近に発売されたものなのでこの時代小説のほうも見ておいた方が良いのではないでしょうか。

ドラマを楽しんでいく上で、こちらの小説も見ておいた方がドラマを深く理解していくことができると思いますし原作と違うところがある場合は、ここが原作と違うと言うようなことがあるかもしれません。

時代劇のドラマとして時代劇のドラマを今まであまり見たことがなかったと言う人は試しにどのようなものなのか見ておくといいと思います。

時代劇のドラマとして私が見た感想としてはその世界観に合っているような人物たちを多く脇役なども含めて出演させていたのではないかと思います。

つまり江戸時代に雰囲気が合っているような役者たちを多く取り入れていたような気がしますので、自然に見ていける感じが増していました。

タカトシ温泉路線バスは、タカトシの二人が温泉を訪ね歩いていく番組でありこういう番組は非常に良いと思います。ゆったりとした気分で見ていくことができますし温泉に入っている時は人間はとても幸せな表情をします。
BSプレミアムと総合テレビ版は、サブタイトルが違っているケースもあるので残り2話に変化があるとしたらどんなサブタイトルになるのか気になります。

螢草 菜々の剣5でイッセー尾形さんが家老の柚木弥左衛門役で市之進(キャスティングは町田啓太さん)を助けるんですが、この家老っぽさというか年寄りっぽさが出ていてイッセーさんの実際の年齢(確か68歳)より20歳ぐらい老けて見えるのはすごいなあと思いました。

ストーリー的には父の遺品を調べた主人公菜々(キャスティングは清原果耶さん)が協力もあって不正の証拠を発見して、仇敵である轟平九郎(キャスティングは北村有起哉さん)が乗り込んでいくのでハラハラするものとなっていました。

せっかくの不正の証拠が轟の手に渡ってしまうものの、実はその証拠は写し(コピー)でしたという展開なので機転がきいてますね。

しかしそうなったらそうなったで、今度は市之進の再婚話の相手の雪江(キャスティングは南沢奈央さん)に轟が接触して恩赦で市之進を無罪に出来ると言ってきて、それで市之進を無実の罪を認める事にするので菜々はどうするのか気になります。

 
螢草 菜々の剣7話動画pandora、dailymotion、9tsu、miomio、youtube、パンドラtv、ユーチューブ、acfun、tver(ティーバー・ディーバー)でみれない時は

下記にて

(無料視聴できます)

 

↓ ↓

 

螢草 菜々の剣7話動画再放送/見逃し配信