ドラマ

麒麟が来る10話 動画/10話/pandora/Dailymotion/無料再放送3月22日見逃し配信

麒麟が来る10話 動画/10話/pandora/Dailymotion/無料再放送3月22日見逃し配信

放送地域にない方2020年3月22日20時からNHK総合で『麒麟(きりん)がくる(10)「同盟のゆくえ」』が放送されます

 

麒麟が来る 10話動画10話につきましては下記にて

下記で

 

(無料視聴できます)

↓ ↓

麒麟が来る動画/ 10話/無料視聴フル

麒麟がくる(動画)10話/ /番組内容

光秀(長谷川博己)と別れ傷心の駒(門脇麦)京で久しぶりに伊呂波太夫(尾野真千子)と再会する一方光秀は道三(本木雅弘)の命令で尾張に入り信長と邂逅(かいこう)する

番組内容
光秀(長谷川博己)と別れ、傷心の駒(門脇麦)は京で、久しぶりに自分の過去を知る伊呂波太夫(尾野真千子)と再会し、自分を助けた武士の秘密を知る。一方美濃の光秀は、道三の命令で再び同盟を結ぶ尾張に入り、帰蝶をたずねるが、そこで織田信長(染谷将太)と運命の出会いを果たす。

 

麒麟がくる 第10話キャスト

 

長谷川博己,染谷将太,門脇麦,川口春奈,檀れい,尾野真千子,高橋克典,堺正章,本木雅弘

語り
市川海老蔵

麒麟が来る動画10話までの感想、ネタバレ、レビュー

 
〈帰蝶の決断〉

信長が漁から戻り、その場で魚を捌き、人々に魚を売る姿に驚く光秀。

美濃に戻り信長が帰蝶にふさわしいか悩む光秀。
しかし不思議な魅力を感じ、母の牧に相談し、美濃の平定の為、帰蝶に尾張に嫁ぐように進言します。

帰蝶をそれを聞き入れ、信長との結婚の準備が始まります。

〈暗躍し始める頼芸と今川義元〉
道三は帰蝶を説得したことに喜び、光秀を誉めます。

しかし光秀は義龍に呼び出され、帰蝶を説得したことを裏切りと責められ、頼芸のもとに連れて行かれます。

頼芸は光秀に道三への怒りを露にし、帰蝶を尾張に嫁ぐように進言したことを責めます。

光秀は尾張は美濃にはない海があり、活気がある。血を流すことなく尾張と手を結ぶことができればこの上ないと頼芸に反論します。

頼芸はその場を収め、また話すと言い、義龍、光秀を返し、その裏で道三への復讐の機会をうかがうのでした。

今川義元は信秀が道三と手を組んだことに怒り、竹千代の父の松平広忠に手を回させ尾張を攻める準備をするのでした。

天文18年、1549年2月、帰蝶は尾張の那古野城で信長との結婚の準備を始めます。

しかし当日になり時間になっても現れず、家老の平手政秀は困惑。

帰蝶は信長の型破りさに惹かれ始めていたのでした。

今回は帰蝶と駒の恋バナが印象的でした。
二人とも同じ光秀を好きなのに叶わないという共通点を持ちながらも立場が違うという絶妙な面白さがありました。

特に駒役の門脇麦さんの言葉に出さず、思いも口に出せずに終わる悲しさを表情で表現する演技は凄かったです。

現在の美濃の流れとしては源氏の流れを尊び美濃を守ろうとするものと室町幕府に取り入り、他の国を取り込み美濃を豊かにしたいと考えるものに分けられます。

光秀は血を流すことなく平らかな世にしたいという思いがあるので帰蝶を嫁に行かせたのですが、家柄を守ろうとする頼芸と対立します。

下剋上が横行する時代になっていますから光秀は自分の思いよりも美濃の平定を優先してしまったのですが、帰蝶としては引き止めて欲しかったというのが本音でしょうか。

1549年の2月になって松平広忠が動き始めますが、広忠は4月に亡くなってしまいます。

どうなるのかと思ったら、やはり暗殺されるようです。

史実としては謎の死とされているこですが、ここでは暗殺として描かれるようです。

ついに信長が登場しました。
釣った魚をその場で売るというのは後の楽市楽座の片鱗でしょう。

信秀の死も迫り、焦っているようで信長がある失敗をした時に怒鳴りつけてしまうようです。

信秀は信長に家督を継がせたいのですが心配なのでしょう。

菊丸は平手政秀の乱波なのでしょうか。
となると、政秀が竹千代を守るために根回しし、菊丸を広忠に仕向け暗殺するのでしょうか。

信長を育て操って尾張の実権を握ろうとしているのでしょうか。

信秀死後、あまり時間を空けずに政秀は自刃しているので菊丸を使う意図が気になります。

道三と信長の会見で大量の鉄砲が準備されたこと、信長が日常的に鉄砲を使っていることを考えると鉄砲の情報を集めさせていることは間違いないでしょう。

光秀が結婚するようで駒と帰蝶の心がざわつきそうな次回。

混沌とした戦国時代にどう向かっていくか今後の展開に期待しています。
 

麒麟が来る第10話動画(大河ドラマ)までの感想、ネタバレ、レビュー

 

〈広忠暗殺〉
広忠は国境を越えようとしたところ、何者かの襲撃に遭い、命を落とします。

通りかかった菊丸は広忠の脇差しを持って走り、竹千代の祖父、水野信元のいる刈谷城に向かいます。

信元は菊丸から織田の手の者が広忠を暗殺したのでは聞き、広忠がなくなった今、次期当主は竹千代なので、尾張に捕らわれている竹千代を守るように菊丸に命じます。

一方、信長は結婚式の翌朝に反省することなく那古野城に現れ、城下の人間と化け物を捜していたと言いました。

民と一緒になって考えることが大事と言い、帰蝶は驚きます。

しかし信長は帰蝶を放っておいたことを気にしており、帰蝶に謝ります。

お腹をすかせた帰蝶に信長は干しだこを渡します。

帰蝶の機嫌が直ったところで石つぶての名人の末吉、竹槍の名手の平太、大飯くらいの太助を紹介します。

そして信長は帰蝶を連れ、信秀のいる末盛城に向かいます。

帰蝶は結婚の貢ぎ物として、道三が大切に育てた松を信秀に献上します。

信秀は道三の心意気に感動し、喜びます。

信長の貢ぎ物があると言い、ある箱を信秀に献上します。

しかし箱の中身を見た信秀は、土田御前と帰蝶に席をはずすように言います。

信秀は箱の中身が広忠の首であることに激怒します。

広忠を殺せば今川義元が黙っておらず、明日にも攻めてくると激怒します。

信長の言い分は竹千代も尾張におり、道三と手を組んだのであれば広忠がいない三河は尾張の手に落ちたも同然と言い、信秀に誉めてもらえると思ったと嘆きます。

道三は弱みを見せれば尾張に牙をむく、同盟を結んでから日が浅い、広忠を殺したのは時期尚早だと言い、信長に首を持って去るように言います。

土田御前と帰蝶は信勝と将棋を指す竹千代のもとに向かいます。

信勝と土田御前がいなくなった後、竹千代と話す帰蝶。

信勝の将棋の相手はつまらない、わざと負けているという竹千代に驚きます。
竹千代は信長を慕い、信長と将棋を指したいと信長を待っていました。

しかし信長は信秀に誉められなかったことに怒り、竹千代に目もくれず帰蝶を連れて那古野城に帰ります。

那古野城で憂さ晴らしに鉄砲を撃つ信長は帰蝶にも鉄砲を撃ってみるように言います。

帰蝶は信秀との関係を心配し、信長を心配します。

帰蝶は父親です対して考えの似ている信長にどんどん惹かれて行くのでした。

光秀は光安の命を受け、伝吾と妻木城に米を届けに行きます。

妻木に挨拶をしようと城の中を歩いていると、かくれんぼをしている煕子に会います。

煕子の持っていた花びらに光秀は煕子と昔かくれんぼをしていたことを思い出し、煕子と昔のことを懐かしく話します。

煕子は大きなったら私の嫁になりなさいと光秀に言われたと言い、光秀は困惑します。

しかし子供たちと戯れる煕子の姿を見て光秀は煕子に惹かれて行くのでした。

光安と牧が独り身の光秀を案じ、煕子と結婚させようとわざと米を運ばせたのでした。

光安は煕子と結婚したら明智城を光秀に継がせようとしていました。

京では駒が一心不乱に患者の手当てに専念していましたが、光秀のことが忘れられず心ここにあらずだったのでした。

感想と次回考察

今回注目のワードとしては石つぶてと竹槍。

そして末吉、平太、太助の三人。
広忠は1549年4月に死んでいますが、その原因がわかっていません。

それを末吉、平太、太助の三人に暗殺させたことにしたのは面白かったです。

そして家督争いで信長に殺される信勝も今回登場します。

竹千代は次回予告や将棋の強さ、知略にたけた言動から家康への片鱗が見てとれます。

光秀が辛抱するようにといってから変わったとも解釈できます。

菊丸は水野信元の乱波でした。
次回は光秀に正体を明かして、竹千代を守る算段をするようです。

石つぶての名人の末吉が出ましたが、尾張に潜入したときに光秀を助けたのは末吉なのか、菊丸の配下なのか気になります。

そして竹槍。

光秀が本能寺の変のあと、山崎の戦いで秀吉に負け敗走している最中に落武者狩りの平民の竹槍で亡くなったという説を匂わせます。

竹千代に道を指し示した光秀が描かれているので、光秀が南光坊天海として生き残る説もあります。

南光坊天海は麒麟の前立の着いた兜で関ヶ原の戦いに参戦しており、平らかな世にこだわる今回の光秀のラストとして充分に考えられる展開です。

信長が首を持ってくるのがサイコパスのように取られがちですが、戦が日常だったあの時代は大将の首が成果の証なのです。

光秀も鉄砲の買い付けの旅の資金を融通した道三に、旅の資金提供の交換条件に稲葉山城での戦で侍大将の首を取って来いと言われています。

信長は感情の起伏が激しいようで、帰蝶が嬉々として話していた光秀と次回接触したときにどう出るのか楽しみです。

時代の覇権を握る者が出揃いつつあるなか、今後それぞれの心情がどう変化していくのか楽しみです。

麒麟が来る第10話動画10話までのネタバレ

前回、舟に乗っている遠目の信長ですが、今回では信長がどんな若者であるのかの一端が見えてくるようで、この麒麟がくるのストーリーではひとつの重要な回になるのではないでしょうか!

予告ではこれまで描かれてきていた激しい性格の信長像ではないような雰囲気。

その雰囲気は演じているものなのか、今回の大河ドラマで新たな信長像を作り上げようとしているのかはまだわからない要素で興味深いです。

信長と仲が良かったといわれている嫁いだ帰蝶ですが、前回の祝言の場に現われない信長に対して笑ったような場面がありました。

それは一体どんな思いからだったのか。気の強い帰蝶と信長がどんな風に心を寄せていくのか注目しています。

話をぶり返すようですが、川口春菜さん演じる帰蝶はとてもかわいらしいなと見ています。

今回の信長と並んでもすでにお似合いに見えてしまうのは私だけでしょうか?

まとめ

 

某女優が覚醒剤の容疑で捕まってしまった為、本作品での帰蝶役の急なキャスティングとなりましたが、放映前の様々な不安を払拭するような素晴らしい演技が光っています。

大河ドラマを演じるにおいて最も難しいと言われているのが、その時代の所作です。

言葉の面でも動きの面でも、戦国時代と現在とでは多くの異なる部分がある為、専門家の指導の下で何ヶ月も指導を受けて現場に臨みます。

その点、急なキャスティングで準備期間があまりなかった川口春奈さんはその心配を感じさせないほど、他の共演者と同じような自然な演技ができていると感じます。

ただ一つ、注文をつけるとすれば川口春奈さん演じる帰蝶の性格の強さをそれほど表現できていない部分です。

この帰蝶という人物は戦国時代においても一二を争うほど気性が荒く、この時代の女性にしては珍しいほど父親や周りの家臣の言うことを聞かなかったとも言われています。

この時代の女性は、政争に使われてしまうことが非常に多く、決められた相手に嫁ぐことで家のさらなる繁栄の犠牲となることが多くありました。

本作品でもこのような描写はありますが、川口春奈さんの容姿から出る優しさや可愛らしさのようなものから帰蝶の荒々しさがあまり出ておらず、周りの帰蝶に対するセリフの表現と、実際に演じている川口春奈さんの表現に少し、違和感を感じる部分もありました。

とはいえ、急なキャスティングにもかかわらず周りに自然に溶け込む演技力、対応力は素晴らしいものがあると改めて感じました。

今後も川口春奈さん演じる帰蝶に期待したいです。

 

麒麟が来る動画10話pandora、dailymotion、9tsu、miomio、youtube、パンドラtv、ユーチューブ、acfun、tver(ティーバー・ディーバー)で見れないときは

下記にて

(無料視聴できます)

↓ ↓

麒麟が来る動画/ 10話/無料視聴フル