バラエティ

しくじり先生/関東見れない時や関西/東海/富山/東北でも見る方法/ガンダムのしくじりやカズレーザーについて

しくじり先生/関東みれない時や関西東海/富山/東北でも見る方法/ガンダムのしくじりやカズレーザーについて

 

2020年3月27日23時15分からテレビ朝日で『しくじり先生 機動戦士ガンダム編』が放送されます

 

放送地域にない、見れない方は(青文字をクリックすると初回~フル視聴できるリンクに飛びます)

 

(無料視聴できます)

 

↓ ↓

 

しくじり先生無料視聴方法
 

しくじり先生 俺みたいになるな!!/番組内容

 

国民的アニメ「機動戦士ガンダム」に隠された“しくじり”をカズレーザーが独自分析◇なぜ子どもたちに人気が出なかったのか?…壮大な物語を簡単解説&人生の教訓を伝授!

◇番組内容
過去に大きな失敗を体験した“しくじり先生”が生徒たちにしくじった経験を教える反面教師バラエティ番組「しくじり先生」!

今回はカズレーザー先生が“ガンダム”をテーマに熱血授業を開講します!次々飛び出す驚愕エピソードに教室が震撼!

そして授業の最後には先生による熱いメッセージで教室は感動の嵐に!お楽しみに!『機動戦士ガンダム』は1979年に放送開始され、昨年40周年を迎えた国民的アニメ。シリーズ作品も多く制作され、プラモデルも大人気ですが、実は作品が評価されたのはアニメ放送終了後のこと。

そこでカズレーザーが「機動戦士ガンダム」に隠された“しくじり”を独自に分析!さらにモノ作りに携わるすべての人に刺さる教訓も伝授します!

 

しくじり先生 俺みたいになるな!! 出演者

 

担任
若林正恭(オードリー)

レギュラー生徒
吉村崇(平成ノブシコブシ)

生徒
足立梨花、伊集院光、小坂菜緒(日向坂46)、小宮有紗、澤部佑(ハライチ)、ぺこぱ

先生
カズレーザー(メイプル超合金)

 
 

しくじり先生 楽しみな点

 

いつもはお笑い芸人さんやタレントさんなどが実際の体験談を語るという形ですが、今回は機動戦士ガンダムがしたしくじりを第三者が語るという今までに見たことのない形なのでどのようになるのか非常に楽しみです。

しかもその解説をしていくのがカズレーザーさんというのも面白そうだなと思いました。カズレーザーさんはいっつも思ったことをズバッと、そしてあまり嫌味なく伝えてくれます。

喋りも上手で分かりやすいのでどんな風に語ってくれるのか楽しみです。

また機動戦士ガンダムが連載終了後に人気が出たということを全く知りませんでした。

始めから人気なものだとばかり思っていたので驚きました。

また、国民的アニメだけあって名前は知っているのですが、どんな内容であるのかどんなキャラクターが出てくるのか知らないことがたくさんあるのでこの放送を機に機動戦士ガンダムについて詳しく知ることができたらいいなと思っています。

ゲストにいつもと違うペコパさんが出演されるのも楽しみです。

彼ら自身が色々としくじっていることがありそうなので、どんな反応やツッコミを見せてくれるのか注目してみたいと思います。
 

しくじり先生 視聴者感想

 
過去になにかしくじった人が出演することが多い気がしていたのですが、今回はアニメなんですね。人じゃなくてもいいんですね。

なにをしくじったのか?アムロ・レイなどのキャラクターの失敗などに焦点をあてるのかと思いきや、子どもたちになぜ人気がでなかったのかがテーマで、「機動戦士ガンダム」自体がテーマです。

じゃあ、誰が先生になるの?と思ったら、カズレーサーさんです。

どう解説していくのか予想がつかないです。

また、ガンダムはアニメシリーズでなかなか1時間で解説するのは難しいのではないかと心配です。

すでに放送終了しているアニメなので、もう新しい話しが展開するなどないので、すでに終了しているアニメに対してどういった視点で解説していくのか?

それに1979年のアニメでファン人も多く、テレビでもたまに特集を組まれるなど、語りつくされている感じもしますので、これ以上なにを話していくのか?というのも心配な点です。

まだ新しい視点で話すことができるのか楽しみでもあります。

”さらにモノ作りに携わるすべての人に刺さる教訓も伝授します!”ともあるので、これは作品だけでなく、制作していた人たちにも焦点をあてていくのでしょうか。

疑問や失敗もいっぱいありますが、そこもどうなるか楽しみです。

 

しくじり先生 カズレーザーさんとは

 
トレードマークである赤い洋服に金髪というスタイルをオンオフ関係なく貫いているところに、プロ意識や自己一貫性を感じます。

プライベートでこの前見かけたんですが、マスクすることもなく堂々とテレビで見るままの格好で歩いていて、よりその思いは強くなりました。

また同志社大学卒業ということで様々なクイズ番組等に出演されていますが、高学歴タレントに特有の妙に鼻につく感じも特になく、むしろ謙虚にされていたのが印象強いです。もちろん頭の良さも魅力的です。

また、最近情報番組に出演されているのをお見かけするんですが、歯に衣着せぬ発言が視聴者側としてとても気持ち良いです。最近で言うと木下優樹菜さんのタピオカ店との騒動で、他の情報番組などに出演しているタレントなどは皆一様に曖昧で不明瞭な発言しかしていない中で、「カタギの言葉とは思えない。」とズバッと発言していて、すごいなと思いました。

どこにも媚びずに自分の意見をしっかり言う、簡単そうに思えますが今の日本のテレビ業界では意外と難しいことのように思えます。

そしてそれはテレビ業界にとどまらず、一般人の私たちでさえも日々生活している中で自分の意見を押し殺し歯痒い思いをする状況も多々あります。

だからこそテレビの中で忖度をせずに堂々と発言している姿を見て、勇気づけられるのだと思います。

まとめ

戦争」という人類が重ねてきた過ちを、今後も語り継いでいくための作品だと思っているからです。機動戦士ガンダムは、1970年代のアニメの中では異色でした。

それまでは、主人公は正義感があり逞しく戦う勇者がオーソドックスでした。

しかしガンダムの主人公のアムロ・レイは、機械オタクで戦うことが嫌いでした。

そんなアムロが紆余曲折あって、仲間達と生き残るためにガンダムに乗って戦争の中に身を投じていく物語は、妙な現実味がありました。つまり「本当の戦争」を描いていているのだと思います。

そして「しくじり先生」としてガンダムが登場する目的は、そんな戦うことが嫌な子達を「戦争」と銘打った殺し合いの中に巻き込むことが、人類の「しくじり」であることを示すためだと思います。

果たして、決して長くない尺の中で、何処まで「戦争」という「しくじり」を伝えることができるのでしょうか。

 
カズレーザーさんは特に好きな芸人さんなので、この番組はかなり楽しめそうです。

いろいろなお笑い芸人がいる中で、特にカズレーザーさんに注目している理由は、漫画やアニメ、特撮ヒーローなどの知識が豊富だからです。

自分もそうしたジャンルが好きなので、テレビで特集番組などがあるとチェックしていますが、カズレーザーさんはあちこちに顔を出しています。

しかも、浅いコメントをするのではなく、よく知っている人でないとできない発言をしている印象があります。

奇抜な見た目でも不快感がなく、楽しく見ることができるのは、そのように感心できる部分があるからです。

そんなカズレーザーさんがガンダムについて熱く語ってくれるとなれば、見ないわけにはいきません。
 

(無料視聴できます)

 

↓ ↓

 

しくじり先生ネット配信無料視聴方法