ドラマ

盲亀浮木/見逃し配信 /再放送/ NHドラマ/もうきふぼく/(日本×タイ共同制作)無料視聴

盲亀浮木/見逃し配信 /再放送/ NHドラマ/もうきふぼく/(日本×タイ共同制作)無料視聴
 

2020年3月28日18時5分から放送されます『日本×タイ ドラマ「盲亀浮木もうきふぼく~人生に起こる小さな奇跡~再放送/見逃した配信」』についての記事です

 

放送地域にない、見れない方は(青文字をクリックすると初回~フル視聴できるリンクに飛びます)

 

(無料視聴できます)

 

↓ ↓

 

盲亀浮木/
ドラマ再放送/見逃し配信無料視聴はこちらをクリック

 

盲亀浮木 /ドラマ/3月28日番組内容

 

NHKとタイの公共放送が協力して制作。原作は志賀直哉の『盲亀浮木(もうきふぼく)』。志賀直哉晩年の原作は、大洋をただよう浮木を求めて、百年目に海底から首を出した目の見えない亀がたまたま木に一つしか開いていない穴から首を出した、という「盲亀浮木」の寓話になぞらえて、身の回りで起こった偶然を描いた、滋味あふれる短編。現代のタイを舞台に日本文学の名作がよみがえる。主人公の男に起こった小さな奇跡とは。

 

盲亀浮木 キャスト

 

アンクリット・アシャチャリヤーソーポン,パカワット・タンホーム

 

盲亀浮木~人生に起こる小さな奇跡再放送/見逃し配信ドラマストーリー性

 
日本人が作る日本人向けのドラマ、人気作家が手掛けようとどうしても似たテイストとなるのは仕方のないことです。また違った物語が見たいというときに、こちらはおすすめかもしれません。何しろ、遠く離れたタイの公共放送と日本のNHKが協力して制作しているからです。国が変われば文化も考え方も変わる、元となるのはあの有名な作家の志賀直哉さんであり「盲亀浮木」という原作も文学に詳しい方なら、すでに読んだことがあっても不思議ではありません。でもそれが舞台をタイに移したらどうなるのか、どのような解釈がなされるのだろうかといった観点で見れば原作は知っていようとも楽しめることでしょう。

ずっと海の底にいた亀が100年目にしてようやく海面に姿を現そうというときにたまたま木にたった1つしか開いていない穴から首を出してしまうというのは、面白い奇跡です。この寓話自体も初めて知りましたが不思議な感覚をもたらすものです。主人公はアンクリット・アシャチャリヤーソーボン演じる一人の男性ですが、彼にどういった奇跡が起こるのかと思うととても楽しみです。長い物語だと時間を確保するのも大変、でもこちらは30分だけの番組なのです。内容も面白そうですし、ぜひ見てみたいです。
 

盲亀浮木 ドラマ再放送/見逃し配信楽しみな点

 
日本文学をタイで描く作品
世界感があるから
世界感の違いが理解でき、現在のタイでも違和感のないような作品が選ばれたのでしょうね

志賀直哉さんの作品は、写実の名手で、
「小説の神様」と称せられるほどに高い評価。

無駄がない表現はすっきりとした素朴さを出しているのでしょうね
過不足のない表現と言うのは
なかなかできるものではないので
彼自体がとても頭の良い人かもしれませんね。

『盲亀浮木』は80歳の時に発表した短編とのこと

大洋を漂う浮木を求めて、百年目に海底から首を出した盲目の亀が、
たまたま木に一つしか開いていない穴から首を出したという
「盲亀浮木」の寓話になぞらえて、
身の回りで起こった偶然の数々を描いたといいます。

面白いお話のようです
盲目のカメさんがいるのかはわかりませんが
カメさんが浮いたら浮木の穴に当たったということなのでしょうか

探していたものど真ん中に入ってしまったよ。と言うことなのかな
物語には海と犬が出てくるようです。
タイの自然や動物にも触れても楽しめる作品のようですね。
 

盲亀浮木 nhk再放送/見逃し配信配信視聴者感想

 

盲亀浮木。100年に1度、大海の底から浮かび上がる盲目の亀が、たまたま漂木に空いた穴から顔をだす、そんな偶然。法華経で説かれている用語で、仏に巡り会うことの難しさを説いたものだそうです。志賀直哉の短編、「盲亀浮木」でこの言葉をご存知の方も多いと思います。
そんな日本の、志賀直哉の名作を原作に、現代のタイを舞台にしたヒューマンドラマがこの「盲亀浮木~人生に起こる小さな奇跡~」です。

身の回りの偶然。サブタイトルにもある小さな奇跡。

偶然とは何か?志賀直哉自身も、原作において偶然の起きる確率を計算し、「仮に偶然としても偶然だけだはなく、それに何かの力な加わったものであることは確かだ。私ではその名にかは一体なんだろうと思うだけで、それ以上は考えられない」と私達に訴えています。

「偶然の奇跡」と、「それに加わった何かの力」。その力は何なんだろう、と、答えは出なくとも想像することは、当時も今も変わらないでしょう。

これはアジアの社会状況の相互理解が目的の国際協力ドラマですが、現代のタイにおける盲亀浮木とは?志賀直哉の小説に出てくる「軽石」「クマ」「モエラス」は、一体何なのでしょうか。ドラマで現代のタイの社会状況を通じて、タイにおける偶然の奇跡、いや、国も時代も変わらない、この偶然を、突き動かす「何かの力」とは何か。

なかなか日本では見かけないタイのドラマという珍しさもさることながら、原作になぞってドラマを見てみるのも興味深いですね。
 

もうきふぼく盲亀浮木~人生に起こる小さな奇跡/ドラマ/見逃し配信再放送nhk/pandora、dailymotion、など無断投

 

無断転載は著作権の侵害に当たるので、万が一侵害された側が訴訟を起こせば、間違いなく相手側が罰せられます。

しかし無断転載をしている人の多くは「著作権」の存在や、それを侵害することの恐ろしさや怖さを知らず、悪気なく転載している場合が多いと思うので、その無知さが一番厄介で悪質であると私は感じています。

実際に十分な教育を受ける前からネットに慣れ親しんだ若い世代は、その辺りの認識がかなり薄く、無断転載を多くしている印象が感じられます。

注意をしてそれが収まり、考えを改めてくれるようでしたら問題ないのですが、ネット上には注意しきれない数の違反者が存在するため、それを一つ一つ対処していくことは不可能と言えるでしょう。

私はクリエイティブ業で、現在ネット上で作品を世に発信しているため無断転載をされたこともあるのですが、その際に一番怖いことは、自分の作品が転載している人の作品であると勘違いされてしまうことです。

自分が汗水垂らして作った物を他人の作品と間違った認識をされてしまうと、その後の意欲の低下につながりますのはもちろんですが、一番怖いことは作品と転載している人物の人格を結びつけられてしまうことです。

転載した人がネット上で偏った発言をしている人だった場合、自分の作品にもその印象がつけられてしまうからです。

以上のような理由から、転載は真剣に対策していきたい問題です。

人間は、自分がいかに得をするかということを少なからず考えて生きているものです。損をすることが好きな人はいないと思います。

そして、自分には甘いものです。「タダ」「無料」という言葉はとても魅力的に感じられるもので人の興味を引き付けます。出来るものなら自分のお金を使わず楽しみたい、自分の資産を増やしたいと思う人も多いと思います。

現代の社会では、様々なものがデジタル化されており、パソコンやスマートフォンで気軽にダウンロードすることができます。

そのため、インターネットを通じて購入する、ダウンロードすることには違和感もなく抵抗をもっている人も少なくなってきました。

また、年代も老若男女問わず広く使用されています。

しかし、中には安全なサイトだけではなく中には、検索結果の中には危険なサイトがヒットする事もあり自分の知らぬうちに足を運んでしまっている事もあると思います。

違法サイトは、本当ならば有料の再放送/見逃し配信、漫画、音楽などがアップロードされており、いけない事だとは感じながらも、無料で手に入れられるのなら、皆もやっているだろうからという意思の弱さからとクリックしてしまう人もいると思います。

しかし、サイトにはアクセスしただけで自身のデバイスにウイルスを感染させてしまったり、個人情報が抜き取られてしまうリスクがあると聞きます。

それどころか、違法サイトでダウンロードした人も実刑が下されてしまう事態も起こりうるのです。

私は、違法だと知っていながらURLを張るという行為は、自分の記事が読まれればよい、注意はしましたので、あとは、自己の責任です。という自分かってで無責任な考えと行動に悪質性があると感じました。

盲亀浮木~人生に起こる小さな奇跡/ドラマ/nhk/pandora、dailymotion、9tsu、miomio、youtube、パンドラtv、ユーチューブ、acfun、tver(ティーバー・ディーバー)でみれない時は

下記で
(無料視聴できます)

 

↓ ↓

 

盲亀浮木~人生に起こる小さな奇跡無料視聴/再放送/見逃し配信