ドラマ

麒麟が来る 11話 動画/11話/無料再放送3月29日見逃し配信

麒麟が来る11話 動画/11話/無料再放送3月29日見逃し配信

放送地域にない方2020年3月29日20時からNHK総合で『麒麟(きりん)がくる(11)「将軍の涙」』が放送されます

 

麒麟が来る 11話動画11話につきましては下記にて

下記で

 

(無料視聴できます)

↓ ↓

麒麟がくる動画/ 11話/無料視聴フル

麒麟がくる(動画)11話/ /番組内容

竹千代を手に入れた今川義元(片岡愛之助)は尾張への侵攻を開始する。窮地に陥った尾張は、美濃の斎藤道三(本木雅弘)に兵を出すよう依頼するが、美濃はまとまらない。

番組内容
竹千代を手に入れた今川義元(片岡愛之助)は尾張への侵攻を開始する。窮地に陥った尾張は美濃の斎藤道三(本木雅弘)に援軍を依頼するが、美濃の国衆は道三に従わず、兵は出せない。光秀(長谷川博己)は道三の使者として再び尾張へとぶ。

 

麒麟がくる 第11話キャスト

 

長谷川博己,染谷将太,西村まさ彦,川口春奈,伊藤英明,片岡愛之助,高橋克典,本木雅弘,

語り
市川海老蔵

麒麟が来る動画11話までの感想、ネタバレ、レビュー

 
三河松平家の人質竹千代は尾張の織田家にいます。今川義元と松平家は手を組んでいて竹千代は尾張織田の人質になっています。

今川義元は織田に奪われた城を取り返しに侵攻して来ます。駒はダメみたいと元気がない美濃から京に帰って来てから東庵先生は気にしていました。旅芸人の伊呂波に駒は会います。

綱渡りをして扇子を開いて上手にしている所を上手いと言われています。東庵と伊呂波は知り合いで織田信秀とスゴロクで負けたのを知っていましたが、東庵は既に取り戻している事を言います。団子屋で伊呂波太夫は先代から駒の事知っていますので、美濃の明智十兵衛の事聞きましたが、世の中辛いことがあったらいいことがある。

子供の時助けてくれたのは美濃の侍で桔梗の花の紋明智家の使っている紋で駒の扇子に桔梗の紋が入っていました。明智光秀が子供の時助けてくれたことを想像する駒です

。美濃の斎藤道三は那古城に居る帰蝶に会いに行くように光秀にいいます。

今川義元が攻めてきて織田信広を人質に取っているので、三河の竹千代と交換するように要求してきます。尾張の織田信秀の事なので光秀に行かせました。交換すると三河が今川義元の領土になる事を恐れて那古城に行かせました。

織田信秀と信長は話していますが竹千代を手放す気はない信長で信広の自業自得です。

信秀はほっておくつもりですが、織田家の跡継ぎは織田信長と決めています。那古城に行く前に熱田で菊丸と会い味噌の事聞いて持って行きました。

光秀と菊丸は那古城に行き帰蝶に会いますが、味噌を運ばせて帰蝶と光秀は二人になりました、知っているけど信長の嫁になっているので気を付かっていた光秀です。

織田信長が那古城に帰って来て帰蝶に会いに行きましたが、光秀もいましたので話しています。

鉄砲をどこで作ったものか聞いてみた信長は、よく鉄砲を見ながら国友村で作られた鉄砲と正解した光秀は信長と帰蝶の席に上がることになりました。光秀を何処かで見た事があるのを覚えていた信長は熱田で一度会っています。

あるお方に頼まれて見に来ましたおかしな男と伝えました。

帰蝶のことだと分かっていました。美濃の明智光秀は興味があると調べてみると聞いていました。

信長は釣りが好きなのか聞いてみると、大きい魚を釣ってくると母が褒めてくれた。

一度だけ織田家をつぐのは信勝にしたかった跡継ぎ争いです。那古城にいる竹千代が将棋を持って来ました。

帰蝶と光秀は下がりましたが、味噌を持って来た菊丸は帰ったみたいです。

織田信長は竹千代と将棋はしないみたいですが、竹千代の父松平広忠を討ったのは信長と知っていました。竹千代は松平広忠が嫌いで気にしなくていいと言いました。

信長と竹千代が将棋を打つまでを天井裏から菊丸が見ていました。

松平竹千代の事を気にかけてる菊丸は今川と織田は三河の殿が決める事だからどちらでもいいみたいです。

将棋をする竹千代の本心が分かりました。帰蝶は信長の捕ってきた猪とお土産もらいました。

紀行:岡崎市岡崎城幼き頃から松平家の人質になり母と会う事もありませんでした。竹千代は勉強していて、加藤図書助の屋敷に幽閉されます。

幼少期竹千代後に三河の徳川家康になり天下統一をします。

麒麟が来る第11話動画(大河ドラマ)までの感想、

 
何と言っても、その鮮やかな色彩の衣装に惹かれます。

人物の人柄を表す意味でも衣服への色使いは重要となりますが、今作での衣装へのこだわりは、これまでの時代作品とは大きく異なる熱意を感じさせます。

特に高画質の繊細な情景が映るシーンでは、フッとした何気ない仕草の中にあって、急に人物が躍動的に動き出そうとした瞬間に、その違いが現れます。

着ているのではなく、主張しているのだと感じさせる色使いと質感による演出は、役者本人の姿を大きく見せるだけでなく、単なる衣服と言うよりも、あぁ、これはもう演劇での舞台衣装のそれよりも確かに歴史上の人物を表す仕掛けになっているのだと強く実感させられます。

そのような異常なまでの気配りを纏った登場人物の多くが、それぞれの演じる立場の違いを役柄として魅せるのですから、着こなしの難しい衣装に挑戦している女性陣の仕草や、構えを求められる男性陣の表情とも相まって、観ていて楽しいエンターテイメントな作品なのだと感心し通しです。

土の色、草の色、空の色、花の色、自然と目に入る空間に、人が動くことで加わる新しい動きの色として作り出される蒼や漆、紅の色が散りばめられた珠玉の時代作品。

当時の姿に想いを馳せながら、歴史を知る私たちが、新鮮な気持ちで楽しむことのできる作品だと思います。

 

麒麟が来る第11話動画11話までのみんなの感想

 

このドラマを観て明智光秀が、織田信長と出会う前に美濃で齋藤道三に仕えてきたことが、分かり知らなかった明智光秀の行動が、分かる所が、面白いです。

明智光秀の家臣としての戸惑いもよく伝わってくるドラマで無茶苦茶な事を言い出す斉藤道山に振り回されても気持ちを抑える光秀の苦労が、理解できます。

面白そうな所は、海で衝撃的な出会いをした光秀と織田信長ですが、今後にどんな流れから本能寺の変になってしまうのかです。

今の所は、光秀は、信長の事をかわった若者ぐらいにしかみていないと思うのですが、その後に忠実な家臣になるいきさつも注目です。

楽しみな所は、菊丸が、今後にどうなるのかです。

光秀の相棒のような存在で重要な局面には、菊丸もサポートをしていたので菊丸が、信長の家臣になった光秀とどんな付き合いをしてくのかも楽しみです。

今後の展開の楽しみは、信長と秀吉との関係や森蘭丸の登場ですね。

光秀が、悩みながらも行動する所に共感が、持てます。

いろんな状況を考えて答えをだす光秀のマジメさは、好感が、持てます。

光秀が、若い頃に出会った駒達が、今後にどんな暮らしをしているのかも注目です。

 

とある事件により急遽代役での出演となった帰蝶役の川口春奈さんが恋仲とも言える十兵衛に後押しされて織田信長に嫁いでいく前回の第8話は、そういう時代だとは頭では理解できるもののせつなさを感じる場面だったと思います。

戦国時代などは物理的な戦闘を減らして国力を削がないようにする意味でも政略結婚だらけなわけですが、そのパーツとなった多くの人たちにとっては辛いものだっただろうとあらためて感じるシーンでした。

さて、第9話では帰蝶が織田信長という人物を徐々に知っていくという場面が出てくるようですね。

最終的に十兵衛に背中を押してもらって嫁ぐことを決断した帰蝶が織田信長という人物をどのように理解していくのか、なかなかの見どころだろうと思います。

織田信長は大河ドラマでも何度も何度も描かれている人物なわけですが、当然天下を取った人物なので人を引きつける良さを多数持っているはずなので、そのなかから「麒麟がくる」ではどのような良さに着目して帰蝶との関係が構築されていったと描くのかに注目したいです。

また、嫁いだといっても子どもができるまでは人質としての側面も大きいでしょうから、どんな扱いを受けるのかも気になるところです。第9話も楽しみですね。

 

今年のNHK大河ドラマ「麒麟(きりん)がくる」は放送開始が遅れるなどケチがついてしまいましたが、なかなか快調に話が進んでいますね。

その「ケチ」の原因ともなった帰蝶が話の中心となっていますが、第8話での帰蝶の輿入れはなんともせつないお話でした。

光秀は石川さゆりさん演じる母親の牧の助言もあり、美濃国の行く末を考えれば豊かな尾張との関係を良好に保つことが得策と考え、帰蝶に織田信長に嫁ぐよう告げたわけですが、自分よりもお家通り越して主君のため・国のためという考え方は、当時としては普通だったのかも知れません。

ただ現在でも政略結婚がゼロではないでしょうし、政略結婚でなくても事情により両思いがかなわないなんていう例はいくらでもあるものの、やっぱりせつないですね。

さて、第9話でも帰蝶の登場シーンは多そうですが、今回の「麒麟がくる」でものすごく印象深いと感じるのが、片岡愛之助さん演じる今川義元です。

今川義元は当時かなりの強者とされていたはずですが、今川義元と近い距離での話だった「おんな城主 直虎」にしてもそれ以外の大河ドラマでも、負ける側の立場でのみ描かれることが多く、たいした人物ではないかのような印象となる描かれ方が多かったように思います。

ですが、今回はあくの強い片岡愛之助さんが演じているからなのかかなりの強者イメージとなっていると思います。

最終的には織田信長に負けてしまうわけですが、そこに至るまでに登場シーンも多いでしょうからこの先どのように描かれるのか要注目だと思っています。

「麒麟(きりん)がくる」、ますます面白くなってきましたね。

 

NHKで放送されている大河ドラマ『麒麟がくる』。

前回美濃を支配する斉藤道三の娘である帰蝶が、同盟を結んだ尾張を牛耳る織田信秀の嫡男である織田信長へ嫁ぐことになりましたが、次の第9話「信長の失敗」では、ついに帰蝶と夫となる織田信長の対面が実現するようです。

帰蝶が破天荒すぎる織田信長という男にどのような印象を持ち、どう接するのかが注目ポイントですね。

 

まとめ

 

結論から言うとものすごく役にフィットしているし、とてもいい印象を受けています。

まず帰蝶という役について川口春奈さんが合うかどうかというのを心配された方も多いと思いますが、そもそも帰蝶という人物が謎が多い人物で今残っている物には記述がなく、確実な人物像というのはありません。

ですので帰蝶を演じるにあたって大事なことは周りの人に合わせた演技が出来ることだと思います。

周りに合わせつつも自分を出せていけたら帰蝶という人物像ができていくと思います。

その点において川口春奈さんはものすごくうまく演技をされていたと思います。

光秀や信長との関係をうまく演じつつ、他人との関係性を作るところでも徐々に自分というのを出していけていたので川口春奈さんが帰蝶役で良かったと思いました。

そして特に良かったなと思ったのが8話です。

光秀に対する淡い恋心を上手く演じていたと思いますし、そして尾張に行くことを迷っている中で、光秀が苦渋の決断で帰蝶が尾張に行くように促すところで、帰蝶の表情がとても印象的でした。

帰蝶の恋心や使命感など色々な気持ちが織り混ざった複雑な気持ちを上手く表現していたなという印象を受けました。

そもそも川口春奈さんは代役として急遽帰蝶を演じることとなり、台詞を覚えたり役作りに励んだりする時間はかなり短かったはずです。

その短さを考えれば無難にやれているだけでもすごいはずだと思います。

なのにこういった味のある演技ができているというのは期待以上の演技だと思いました。

 

麒麟が来る動画11話pandora、dailymotion、9tsu、miomio、youtube、パンドラtv、ユーチューブ、acfun、tver(ティーバー・ディーバー)で見れないときは

下記にて

(無料視聴できます)

↓ ↓

麒麟が来る動画/ 11話/無料視聴フル