ドラマ

エール ドラマ/動画 1話 3月30日//二階堂ふみ/NHK無料視聴まとめ

エール ドラマ/動画 1話 3月30日//二階堂ふみ/NHK無料視聴まとめ

 

2020年3月30日8時からNHK総合の『【連続テレビ小説】エール 第1話動画の記事です

 

見れない方は(青文字をクリックすると初回~フル視聴できるリンクに飛びます)

 

(無料視聴できます)

 

↓ ↓

 

エール ドラマ/動画 1話 3月30日//二階堂ふみ/NHK無料視聴まとめ
 

エール ドラマ/動画 1話 3月30日//二階堂ふみ/NHK無料視聴まとめ /番組内容

 

いよいよ始まる「エール」第1回! 福島出身の青年が、歌手を目指す女性と出会い、激動の昭和を駆け抜けていく。人生を音楽とともに歩んだ夫婦の物語がスタートします!

番組内容
激動の昭和という時代、音楽の力で人と人とを結んで勇気づけたある夫婦の物語。昭和39年、10月10日、東京オリンピック開会式の日。聖火ランナーが東京の街を走り、国立競技場でまもなく開会式がはじまろうという時、会場に来ていた古山裕一(窪田正孝)が姿を隠してしまう。あわてて裕一を探しまわる妻の音(二階堂ふみ)。裕一は、自分が作曲した開会式の音楽を皆が受け入れてくれるか不安だったのだが、その時…

 

エール ドラマ動画キャスト

 

窪田正孝,二階堂ふみ,唐沢寿明,菊池桃子,中村蒼,萩原聖人,渡辺憲吉,加藤満,

語り
津田健次郎

 

エール ドラマ/動画 1話 3月30日//二階堂ふみ/NHK無料視聴まとめストーリー性

 

大正時代が舞台のドラマだと知り興味を持ちました。大正時代と聞いてもどのような時代だったかほとんど知りません。作品を見ながら、大正という時代について見識を深めていけたらと思います。同時にその時代に助け合いながら生き抜いた夫婦の生き様が描かれるところも見どころの一つだと思います。インターネットやメールが普及していなかった時代、手紙によるやりとりが主流だった時代の恋愛はどのようなものだったのか興味があります。音楽を通じて知り合った2人の手紙のやり取りが始まり、恋人から夫婦にまで発展したその過程がとても気になります。そこには2人の純粋で真っ直ぐな想いがあったように思います。窪田さんと二階堂さんが夫婦役を演じることが新鮮でとても興味深いです。ストーリーも魅力的で、大人しかった少年が音楽の才能を開花させどのように人生が変わっていくのかを見るのが楽しみです。少年の才能に最初に気づいたのは誰だったのか、またその才能を伸ばすためにどのような援助をしたのかが気になります。主人公自身も自分の才能を伸ばすために行った努力や、人生を切り開いていく様子が描かれることで視聴者にも勇気を与える素敵な作品になることを期待しています。

そんな音楽の魅力を伝えてくれる『 エール』に期待の気持ちでいっぱいでした。また、主人公に抜擢された窪田正孝さんは、好青年から悪役まで見事にこなす実力派俳優のため、音楽家の役も見事にはまり役にすると期待しています。そして、音楽に魅了される人生をどのように演じてくれるのか楽しみにしていました。なぜ、音楽の世界に導かれたのか、主人公の生い立ちにも興味が湧きます。ドラマでは主人公の成長が一つの魅力なので、どんな人物と出会い、成長を遂げていくのか楽しみにしていました。そして、共演者も豪華メンバーが集結しており、唐沢寿明さんなど主役級のメンバーが脇役で出演することに感動してしまいます。どんなストーリー展開を見せてくれるのか今から放送が楽しみです。そして、朝から美しい音楽が流れることを想像すると優雅な時間を過ごせると思いました。ぜひ、主人公に視聴者を音楽の世界に引っ張って欲しいと思います。そして、どんな音楽人生で視聴者を楽しませてくれるのか期待しています。

エール ドラマ/動画 1話 3月30日//楽しみな点

 

また脇を固める俳優さんたちも相変わらず豪華なので、どんな俳優さんがどんな役で出てくるのかわくわくしながら見ていきたいと思います。
 

エール ドラマ/動画 1話 3月30日//二階堂ふみ/NHK無料視聴まとめ 視聴者感想

 
今回のドラマの物語は「歌」、「音楽」を中心とした内容です。

二階堂さんは歌手を目指すという人物を演じるということで、歌唱シーンもあるようです。

歌は物語を肉付ける大事な要素の一つです。

二階堂さんがどこまで歌で表現をできるかが気になるところです。

物語の背景は戦前、戦中、戦後を描いており、奇しくも現在の世の中も混沌とした状況です。

 

エール ドラマ/動画 1話 3月30日/ネタバレ

 
今回のドラマで、ドラマの中だけでなく、現状の暗い状況も払拭してくれるような演技を期待したいです。

今回は、二階堂さんもオーディションを勝ち抜いて掴んだ役どころということなので、かなりの思い入れはあるはずです。

また、二階堂さんは憑依型の女優さんと有名で、これまでは影のある女性など一筋縄ではいかないような女性を演じていらっしゃいますが、今回のような明るくひたすら前向きな人物をどう演じるのか見どころの一つだと思います。

ただ底抜けに明るいだけではヒロインとしての魅力が足りないですし、意志が強く波乱万丈な人生を生き抜く生命力のというような力強さも観てみたいです。

相手役の窪田さんは少し頼りない男性役とのことで、それをどう支えていくのか、大きな包容力で窪田さんをどう引っ張り上げていくのかも楽しみです。

まとめ

 
作曲家古山裕一の人生を知れることです。

老舗の跡取りとして育てられた古山がどういった経緯で作曲家を目指すことになったのか気になりますし、妻である関内音は作曲家としての古山、そして夫としての古山をどのように支えていたのかも気になります。

また、この物語の舞台は戦時中も含まれているということで、戦争中の様々な困難を作曲家である古山はどう音楽で乗り越えようとしたのかにも注目したいですし、音楽に向き合っている古山の姿をみて、改めて音楽の素晴らしさが感じられるのではないかなと期待しています。

そして出演者の方々です。ドラマは女性の方が主人公であることが多かったのですが、この作品で6年ぶりの男性の主人公を窪田正孝さんが演じられるということで、また違った味を出してくれるのではないかなと期待しています。

また、妻役は二階堂ふみさんが務められるということで、窪田さんとどのような掛け合いを見せるのかも楽しみです。

そして語りは声優の津田健次郎さんということで声のお仕事をされている津田さんがどのように声でこのドラマを彩るのかにも注目して見たいと思います。

 

2020年春スタートのNHKドラマはタイトル「エール」、作曲家古関裕而氏をモデルにした主人公の生涯の物語、という情報を聞いた時全くピンと来ませんでした。

出演する役者の名前が次々発表される中で私が応援しているミュージカル界の俳優の名前が次々出てきたので「これはどういう物語なのだろう?」と興味が湧き、ドラマ「エール」、作曲家「古関裕而」について軽く調べてみました。

古関裕而氏の作曲したあまりにも有名すぎる楽曲の数々を目の当たりにし、その中に前回東京五輪の「オリンピック・マーチ」があるのを見つけ、なるほどだから2020スタートのドラマ主人公モデルに起用されたのかと合点がいきました。

改めてドラマ「エール」公式ホームページ登場人物相関図を覗いてみると私の好きなミュージカル俳優さんたちの配役は山崎育三郎さん演じる「佐藤久志」、古川雄大さん演じる「御手洗清太郎」、柿澤勇人さん演じる「山藤太郎」とのこと。

ミュージカル好きなら知らない人は居ないほど、いままさに日本のミュージカル界を背負って活躍なさっている主演級俳優ばかりです。

映像の世界で活躍なさっている俳優さんたちとは比べ物にならないほど日常的に”音楽”というものに向き合い、その魅力も魔力も知り尽くしたミュージカル俳優をこれだけ揃える理由・その効果を画面ごしに確認出来る日をいちミュージカルファンとして楽しみにしています。

 

まずは主人公を演じる窪田正孝さんのことが大好きなので、毎日見られると思うととても嬉しいです。

有名な作曲家になる男性が主人公のドラマで、音楽がテーマになっているので朝から明るい気持ちになれそうだと思いました。

私自身も音楽が大好きで、カラオケに行ったりギターを弾いたりするので音楽がテーマのドラマはすごく楽しみです。

主題歌を担当するGReeeeNも中学生の頃にすごく流行っていてたくさん曲を聞いたし、明るくて前向きな曲が多いイメージなので今回の主題歌も今日1日頑張ろうと思えるような明るい曲だといいなと思います。

また、どのドラマもオープニングの映像が可愛かったりお洒落だったりしてお気に入りのものが多いので、今回のオープニングはどんな映像になるのかすごく気になっています。

主人公の出身地が福島県ということで、窪田さんの方言も聞けるのかなと勝手に期待しています。

窪田さんの他にも、ヒロインに二階堂ふみちゃん、主人公の幼馴染役で中村蒼くんなど大好きな人たちがたくさん出てくるので4月から毎朝の楽しみが出来て嬉しいです。

仕事が面倒くさくて出かけたくない朝も、ドラマに元気を貰って頑張っていけたらいいなと思います。

 

作曲家・古関裕而さんを題材にしているということが大変楽しみです。

当ドラマの制作が決まり、題材する人物が明らかとなってからこのお方の存在を知りましたが、「栄冠は君に輝く」や「巨人軍の歌」など、誰もが一度は耳にしたことがある名曲たちを生んだ大作曲家が、この古関裕而さんでございます。

これまでのドラマの主人公の中にはなかった作曲家のお話が見れるとあり、今から大変興味津々としています。

明治から大正、昭和を生きた作曲家さんとのことで、恐らくはハイカラな時代を経て成長を遂げながらも、戦中には書きたくもない軍歌や戦争を助長する歌を書くことになるが、戦後にはもう一度自分の書きたい音楽を書くことができるようになる、といった展開が予想されます。

この作曲家の生涯を演じる窪田正孝さんには、純粋さ・爽やかさという武器があります。

朝の顔にはぴったりだと思います。奥さんを演じる二階堂ふみさんの演技にも注目です。

声楽でご活躍された元気いっぱいの奥さんが、どのようにこの作曲家とコンビを組んで世に出ていくこととなるのか、とても注目しています。

そして、このコロナウイルス拡大での暗いご時世もあるので、どうかこの世の中を明るくするような、まさに皆の背中を押す”エール”となるような作品になることを、今から大変期待しています。

なんだかこのドラマに関しては家族の者が大変楽しみにしています。

それに引きずられて私も見ようかな……と思い始めました。

甲子園の歌とかタイガースの歌を作曲した人なんですね。

その他にもたくさんの楽曲を作ったらしいです。

もともとはクラシック畑でロンドン・チェスター楽譜出版社作曲コンクールで入賞したとか。

このコンクールがどのくらいの規模なのかはわかりませんが、作曲コンクールという存在が盲点で、そういう意味でも驚きました。

私が一番楽しみにしているのは主役を窪田正孝が演じるということです。

求道的な人物像を上手に演じてくれるような気がします。

男性が主人公という意味では記憶に新しいところで「マッサン」がありますが、玉山鉄二が演じた主人公と同じくらい見応えがあるのではないかと思います。

二階堂ふみは「翔んで埼玉」と「ジヌよさらば~かむろば村へ~」で見ました。

しかし個人的にはそれほど印象に残らなかったので、今回のドラマでどんな演技をしてくれるか期待しようと思います。

山崎育三郎と森山直太朗も楽しみです。

どちらもヴォーカルの人なので、そういう部分を活用したシーンがあればいいなと思います。

しかし取り上げるのは作曲ですから歌うことは難しいでしょうか。

密度の濃いドラマになることを期待します。

れに付き添う音の二人で音楽を作っていくストーリーに、その時代の苦悩や努力のストーリーが見えそうな感じがしています。

 

『エール』という題名、とても元気や勇気をもらえそうでとても楽しみです。

窪田くんの演技、穏やかで少し気の抜けたような、でもとても魅力的で上手で優しい気持ちになれるので、今回も楽しみです。

二階堂ふみちゃんと夫婦になるのかなあ?と予想しています。

お2人の共演も見たことがないので、新鮮で楽しみです。

呉服屋に産まれた作曲家、というテーマも興味深いです。

戦争の時代に入ってしまい戦歌を作ることになってしまう、とのこと。

当然ながら戦歌をつくる人がいただろうけど、普段考えたこともなかったので、そんな気持ちを窪田くんがどう演じてくれるのかも、期待しています。

写真で見る演者もとても豪華で、仲里依紗さんが好きなので楽しみです。

他の方々もどんな役で出ているのかなぁ、ととても楽しみに拝見しました。

Greenさんの曲が使われているのも楽しみな点です。

いつも前向きで明るい曲なので、作曲家さんなど多くのプレッシャーと闘いながら、時代を生きてきた方の話にぴったりなのではないかなぁと、思います。

ちらっとみえる野田洋次郎さんは少し悪そうな服装をしている気がするけれど、どんな役柄なのかも楽しみです。

当時呉服屋を継ぐことにはならなかったのかなぁ、という点も楽しみながら見ようと思います。

 

(無料視聴できます)

 

↓ ↓

 

エール動画1話