ドラマ

エール 朝ドラ/動画 1話 3月30日/ドラマ/二階堂ふみ/NHK無料視聴まとめ

エール 朝ドラ/動画 1話 3月30日//二階堂ふみ/NHK無料視聴まとめ

 

2020年3月30日8時からNHK総合の『【連続テレビ小説】エール 第1話動画の記事です

 

見れない方は(青文字をクリックすると初回~フル視聴できるリンクに飛びます)

 

(無料視聴できます)

 

↓ ↓

 

エール 朝ドラ/動画 1話 3月30日//二階堂ふみ/NHK無料視聴まとめ
 

エール 朝ドラ/動画 1話 3月30日//二階堂ふみ/NHK無料視聴まとめ /番組内容

 

いよいよ始まる「エール」第1回! 福島出身の青年が、歌手を目指す女性と出会い、激動の昭和を駆け抜けていく。人生を音楽とともに歩んだ夫婦の物語がスタートします!

番組内容
激動の昭和という時代、音楽の力で人と人とを結んで勇気づけたある夫婦の物語。昭和39年、10月10日、東京オリンピック開会式の日。聖火ランナーが東京の街を走り、国立競技場でまもなく開会式がはじまろうという時、会場に来ていた古山裕一(窪田正孝)が姿を隠してしまう。あわてて裕一を探しまわる妻の音(二階堂ふみ)。裕一は、自分が作曲した開会式の音楽を皆が受け入れてくれるか不安だったのだが、その時…

 

エール 朝ドラ動画キャスト

 

窪田正孝,二階堂ふみ,唐沢寿明,菊池桃子,中村蒼,萩原聖人,渡辺憲吉,加藤満,

語り
津田健次郎

 

エール 朝ドラ/動画 1話 3月30日//二階堂ふみ/NHK無料視聴まとめストーリー性

 

関内音の応援歌がエールになります。それぞれの音楽があるので、名曲は沢山ありますから時代背景と音楽が後押しをしてくれる時代でもあります。

大正から昭和への移り変わり高度成長期になるきっかけがありました。

関内音(二階堂ふみ)と二人三脚をするには歌とは作詞作曲家が必要になります。

時代と合った作詞をしていきますから歌いこなせる才能が分かるきっかけ、大正の家の危機を助けるには歌しかありませんでした。

家の応援歌で、自分の夢を叶えるには才能ある作曲家がいます。

作曲家の夢を叶えるには歌手も必要になっていきます。

夢を叶えるには夢で終わらせない努力がありますから、注目になります。

音がいて祐一がいる音楽が自分達を勇気付けてくれたので、音楽で励ますことで応援できる事があります。

時代背景には壁がありました困難な事ですが、戦前と戦後には大きな壁がありましたけど、豊かな才能で応援(エール)してくれた人達がいました。

関内音は音楽に興味があり歌手になる夢がありますが、苦境の中でも素晴らしい夢があります。

実際に叶えていますから、音楽との出会いで才能を開花させる支えてくれる人がいます。

キセキがおこせる関内音(二階堂ふみ)旦那祐一の才能に気付いていた人も音楽にエールもらいました。

オリジナルストーリーでもありますが、時代背景には作曲家と歌手が実際にいてエール応援をしていてくれてました。

 

エール 朝ドラ/動画 1話 3月30日//楽しみな点

 

コロナウイルスで世の中が沈んでいます。人の流れも停滞しています。

そんな毎日、朝一番にスタートする連続テレビ小説のタイトルが『エール!』というだけでも元気が少しもらえそうです。

そのうえ、テーマが音楽ということで、一世代前の日本の歌謡曲もたっぷり聞けるのではないかと期待します。

昭和の初期のように今年は春の甲子園も残念ながら中止になってしまいましたが、甲子園と言えばあの、高校生のはつらつとして、すがすがしいイメージを伝える『ああ栄冠はきみに輝く』や、阪神ファンならもちろん大声で声を枯らして肩を組み、腕を振り上げ「オー!オー!オーオー!」と叫びながら歌う『六甲おろし』など、今でも多くの人々の耳に届き、耳に残るようなメロディーを生み出した古関裕而氏が、いったいどんな人なのか、また、どうやって人々に伝えられていくような音楽が生み出されたのかを知ることにも興味があります。

最近の音楽のリズムはかなり複雑で、昭和の初め頃の音楽のリズムがとても単純に聞こえる気がしますが、私たちの今の生活がかなり複雑で様々なことが絡まりあって難しく混乱しているときに、この昭和の初め頃のすなおにのびのびとして心にストレートで届くような音楽のは、もうそれだけで癒しなのではないでしょうか?

男性ヒロインの朝ドラということで、今までと一味ちがった朝を迎えられるのではないかと楽しみにしています。

しかも今をときめくかっこいい窪田正孝さんなので、朝から目の保養と共に心も癒されそうです。

女性にはこの朝の15分がより楽しみになるのではないのでしょうか。

しかもストーリーがかなり面白そうなのでわくわくしています。

素晴らしい作曲の才能をもった人物の話で、実在している人のため、結末は分かってしまっているのですが、安心感を持ってみることができます。

また、どのような経験をして成長していったのか、どのような人物と出会ったことで人生が変わっていったのか知ることができるのは面白いなと思います。

そして二階堂ふみさんの妻役もとても楽しみです。

二階堂さんはありとあらゆる役をやられていて、いつも色々な顔を見せてくれ、彼女が出ているだけで全体が面白くなるような気がします。

今回は主人公と運命の出会いを果たし、支えていく役ということで、窪田正孝さんとどのようなやり取りをしていくのか、どのような夫婦になっていくのか楽しみです。

また脇を固める俳優さんたちも相変わらず豪華なので、どんな俳優さんがどんな役で出てくるのかわくわくしながら見ていきたいと思います。
 

エール 朝ドラ/動画 1話 3月30日//二階堂ふみ/NHK無料視聴まとめ 視聴者感想

 
明治42年の時代が舞台になっているということで、自分では全く知らない世界のことを知ることが出来ると思うととても興味深いと思います。

老舗に生まれた跡取りということでおそらくお金持ちのボンボンなのに、ぼんやりとした子供だったというのがちょっと面白くていいなと感じます。

ひとりの人生を生まれるところからずっと追っていくという設定なので、昔の時代の人の波乱万丈な人生がどんなものなのか、長い人生の中でいろんなことが起こるんだろうなと思うとすごく期待しています。

その時代に跡取り息子だったのに全く違った道へ進むのは難しかっただろうし、戦争の時代だったらそもそも仕事を自由に選んだりできないと思うので、作曲家としての仕事をすることなんて可能なのかと思うと、どんな風に作曲家として成功を収めるまでになったのかと気になるし、そんなところが描かれているのかと思うと面白そうなだなと楽しみにしています。

NHKの朝ドラということもあって期間もとても長いですし、じっくりと主人公の人生を見ることが出来るのでそういった点もすごくいいと思います。

また、キャスト人がとても豪華でメインキャストだけではなく、脇を固めるキャストまでも大物たちばかりなので面白くなりそうです。

 

エール 朝ドラ/動画 1話 3月30日/ネタバレ

 

福島と愛知の遠距離恋愛に焦点を当ててくれるなんて嬉しい限りです。

福島の話なんてなかなか取り上げられないので、少しでも福島を知ってもらえるきっかけになれば嬉しいですね。

福島と愛知はかなり距離がありますが、今は新幹線があるので行きやすくなりましたね。

昔は電車しかなかったから、それこそ文通が主流だったのかなと思うと、手紙を待ってる間の二人の心を想像して切なくなってしまいます。

ましてや戦争中の話となると、結婚してもいつ離れ離れになるかわからない時代です。

周囲の人々が傷つく中でも、人々を励ますために曲を作り続ける夫婦には頭が下がります。

番組の最後では福島と愛知の写真も掲載されるということで、どんな写真が掲載されるのかもとても楽しみですね。

楽しい写真、惨劇の写真、いろいろあると思いますが、いろんな福島が見れることを楽しみにしています。

名古屋にはまだ行ったことはないのですが、写真を見て雰囲気だけでも味わえたらいいですね。

古山家の配役を見ると、なかなか個性豊かなメンバーが集まっているように思います。

唐沢寿明は面白いお父さん、菊池桃子は優しくておしとやかなお母さんのイメージがありますね。

老舗呉服屋出身の作曲家っていうのも面白いです。

古山裕一の家では店を継いだのはきっと弟だったのでしょうね。

 

まとめ

 
2020年春から始まる新朝ドラ、「エール」は大正時代の福島にある呉服店の長男が、音楽との出会いによって成長していく物語のようです。もともと不器用で内向的かついじめられがちの主人公が、何かのきっかけで驚くような変化をするという物語は、ありがちなようでいて、とても設定が難しいものだと思います。

しかも今は音楽がテーマということですが、朝ドラを見る視聴者の中には音楽に興味のない人も多いであろう中で、如何にして主人公が音楽(作曲)に出会い、ハマっていくのか、そして如何に視聴者に訴えかけてくるのか、その点が一番楽しみです。

個人的に、このような「一見するとなんの才能もない、地味で内気な主人公が、ある出会いをきっかけに自分の中に秘められた才能が爆発する」といった内容の物語は大好きなので、それがどう「呉服屋」と「作曲」と絡み合っていくのか、楽しみで仕方ないです。もちろん、ストーリーは主人公と作曲の話だけで進んでいくはずはなく、両親が営む呉服屋の危機、主人公の交友関係から成るトラブルや恋物語、様々な視点から様々な物語が同時に怒っていくはずです。

多種多様な朝ドラが今まで放映されてきた中で、私個人としてはこのエールというタイトルからしても、主人公の成長物語だと思うので、面白そうだという感想しか出てきません。

今も人々へのエールを送る楽曲として愛される全国高等学校野球選手権大会の大会歌「栄冠は君に輝く」、阪神タイガースの球団歌「六甲おろし」、読売ジャイアンツの球団歌「闘魂こめて」、NHKスポーツ中継テーマ「スポーツショー行進曲」、更にはかつての東京五輪の「オリンピック・マーチ」などの作曲を手掛け
戦前・戦中・戦後の日本を音楽面から彩ってきた偉大なる作曲家古関裕而氏をモデルとした主人公の物語ということで

令和を迎え再び東京オリンピックを目前に控えた今、日本人が再び”近代日本”を振り返るいい機会を作ってくれるになるのではないかと

期待しています。
また、古関裕而氏の出身が福島県ということで日本人みながそれぞれの立場において未曽有の混乱の中に立たされた2011.3.11の東日本大震災を心の中で振り返りつつ
そこが長らく人々にエールを送り続けた人物の出身地であった、ということを日本中が知り改めて前向きに未来へ進んでいこうと思えるいい機会になるのではないかと思います。

まずは朝ドラお約束の”主人公幼少期”から始まり、この先実力者揃いの役者の皆さんが次々バトンをつないでどのような物語を紡いでいくのか
新たな作品の始まりに今から胸躍ります。

それに付き添う音の二人で音楽を作っていくストーリーに、その時代の苦悩や努力のストーリーが
見えそうな感じがしています。

実在の人物をテーマにしたストーリーには興味があります。とりえのない主人公が音楽に目覚めるなど、
何かとりえのあることができることを見出す過程が、生き生きと映し出されるのではないかと思っています。
それから音楽の道を夢見た裕一が音楽の道を頓挫するけれども、再度とあるきっかけで
音楽の世界に飛び込んでいく、それからの音との出会いを通してさらにさまざまな曲をつくるきっかけを
生み出していくのはきっと見ていて楽しいものだとおもいます。

時代が時代で、戦争などの悲しい出来事があり、そのなかで傷ついた人や、荒廃した街をみた、などの出来事を通して
どんな音楽をつくり、人々に提供するのかなとおもいます。
私も音楽をやるので、何かできることがないかとその時に考えるなら、音楽だろうとなると思います。

戦争を経験した裕一の音楽がどのように人々に響いてくれるのかなというのは期待したいところです。

個人的には様々なベテラン役者さんがでていて面白いのですが、なんで森山直太朗さんが
今回抜擢されたのかなあとか考えております。音楽家の方がこの話でどのように絡んでくるのかなども興味深いです。

裕一と音がそれからどのようにして成長し、映像の中で音楽を奏でるのか、楽しみにしています。

 

(無料視聴できます)

 

↓ ↓

 

エール動画1話