バラエティ

羽生結弦 10年間の軌跡/動画/再放送/見逃し配信3月31日2020年NHKbsを無料視聴で見る方法

羽生結弦 10年間の軌跡/動画/再放送/見逃し配信3月31日2020年NHKbsを無料視聴で見る方法

 

2020年3月31日20時から『羽生結弦 10年間の軌跡~NHK杯フィギュア~』が放送されます

 

放送地域にない、見れない方は(青文字をクリックすると初回~フル視聴できるリンクに飛びます)

 

(無料視聴できます)

 

↓ ↓

 

羽生結弦 10年間の軌跡/動画/3月31日2020年NHKbsを無料視聴
 

羽生結弦 10年間の軌跡/動画/3月31日2020年NHKbsを無料視聴/番組内容

 

多くのファンを魅了し続けるトップスケーター羽生結弦選手。2010年15歳での初出場から、2019年4回目の優勝を果たすまで。NHK杯フィギュア羽生結弦のすべて。

番組内容
オリンピック連覇、そして今年2月に四大陸選手権で優勝し、男子フィギュアスケートで初めて国際主要大会6冠を達成した羽生結弦選手。ファンを魅了し続けるトップスケーター羽生の歩みを、彼自身が「特別な大会」というNHK杯での演技とともに振り返ります。2010年15歳での初出場から、2019年4回目の優勝を果たすまで。NHK杯フィギュア羽生結弦のすべて。

 

羽生結弦 10年間の軌跡 出演者

 

アナウンサー
澤田彩香

 

羽生結弦 10年間の軌跡/動画/3月31日2020年NHKbsを無料視聴ストーリー性

 
。2010年にシニアデビューした羽生結弦選手のNHK杯での軌跡を振り返る番組とのことで、10シーズンのうちNHK杯に出場した6回分の演技をたっぷり放送してくれるそうです。羽生結弦選手は出場した6回のうち4回もNHKで優勝しています。

優勝を逃した2回はシニア1年目の2010年のシーズンが4位でしたが、これはまだ実力不足だったということなのでしょう。

もう1回優勝を逃したのは2014年のNHK杯が4位でしたが、この時はその前に出場した中国杯の練習の際に他の選手と激突して顎を7針、頭を3針縫うというケガを負っていたのが理由なのでしょう。

結局2014年はNHK杯では振るわなかったものの、グランプリファイナルで復活し男子初の大会2連覇を成し遂げた印象深いシーズンでした。

結局この2回以外はすべて優勝しているわけで、あらためて羽生結弦選手のこれまでの成績を見直して見ると本当にすごい選手なんだなぁと思います。

そんな羽生結弦選手のNHK杯での成長と勇姿をたっぷり楽しめる今回の番組は、新型コロナウィルスの影響でカナダでの世界選手権がキャンセルされストレスを溜めているファンの方にとっては大きなプレゼントなのではないでしょうか?

羽生結弦選手の演技をたっぷり楽しみたいですね

羽生結弦 10年間の軌跡/動画/3月31日2020年NHKbsを無料視聴 楽しみな点

 
この人は、フィギュアスケートをするために生まれてきた人だ、と思いました。
彼のキャリアのかなり初期の頃。テレビで羽生選手がちょくちょく映るようになってきたころのことです。
まだ若いのに彼の完成度の高さは無類でした。いや、研ぎ澄まされた今の滑りを見ていたら
そこまでは言えないのですが、当時他と比較して完成度が高く優雅でした。

手足の長さも雰囲気も。

柔軟性も。フィギュアスケートを優雅に踊るすべてを持っていた。
そこにさらに跳ぶ技術が加わる。

2012年、初めてのNHK杯は歴代最高点を叩きだしての優勝でした。

このシーズンからブライアン・オーサーに師事してします。

わたしは海外で指導を受けるのはもう1,2年後でいいのではないかと思った野次馬でしたが、
彼はオーサーの下、見事に結果を出しました。

この年のショート「パリの散歩道」は羽生選手の前期の代表曲になりました。

翌年はNHK杯に出場せず、その次の年は中国杯の6分間練習で怪我をし、出場が危ぶまれるなか無理して出た大会でした。

結果は4位。状況からすれば無理もないところですが、負けず嫌いなだけに、
どんな状態で出ようと出たからには勝ちたかったでしょう。

この年から滑り始めた「ショパンのバラード1番ト短調」も羽生選手の代表曲の1つです。

今回の番組ではそんな名プログラムがたっぷり見られると思うので楽しみです。
 

羽生結弦 10年間の軌跡/動画/3月31日2020年NHKbsを視聴者感想

 
フィギュアスケートの観戦を楽しめなくなっている今だからこそ、こうした番組で羽生選手のことが見られるのは嬉しいです。

羽生選手は日本のフィギュア界のトップに君臨し続けている選手ですが、これまで何度も怪我をしたり震災に遭ったりと、輝かしい実績の裏でたくさんの苦労を重ねている選手でもあります。

様々な苦難を乗り越えて今の羽生選手があると思うので、その歴史が見られるのが楽しみです。

特に羽生選手にとってはNHK杯がシニアデビューした大会であり、常に出場し続けている特別な大会だと思います。

これまで様々なプログラムで渾身の演技を見せ続けてきたので、その素晴らしいプログラムの数々を振り返りながら見られるのがとても嬉しいです。

特に、17歳で高橋大輔選手を抑えて初優勝した若かりし頃の羽生選手の姿は今もはっきりと覚えているので、その姿がまた見られるのではないかと楽しみにしています。

今は新型コロナウイルスの影響でなかなかスポーツが楽しめない時期だからこそ、こうした番組を通じてスポーツの素晴らしさを再認識し、いつかまたみんなが純粋にスポーツを楽しめる日が来るのを待ちたいと思います。
 

まとめ

 

Youtubeをよく利用していると公式からのアップロードではない違法動画がよく散見されますが、そういった違法動画に誘導するリーチサイトも害悪だと思います。

一番悪い所は、本来は製作者にお金が入るはずが、違法動画を利用することでお金を払わずに動画を視聴出来てしまうので結果的に製作者の収入が減り、「作品を出してもこの収入では食っていけない」と、その製作者の生活に直結するからです。

その他にも違法動画として利用されてしまうのなら…と次の作品を作る意欲が削がれ「もう作品を作るのは辞めよう。他の仕事を探さなければ」という認識になってしまい、それが他の製作者にも広まることでそのコンテンツ自体が廃れていく原因にもなります。今、コロナウイルスの影響により社会全体が外出自粛の流れになっています。

ずっと家の中で引きこもっている、そういった状況でストレスが溜まっている中好きな音楽や映画等を見ることで心の平穏が保たれる人もいます。

こんな状況だからこそ、文化的コンテンツの大切さが見直されています。

そもそも作品を作る人がいなければ私達は見ることも楽しむことも出来ません。作品を作る人に対しきちんとお金が入る。それが、私達の日々の暮らしの中で心の平穏を守ることにも繋がると思います。

 
羽生結弦 10年間の軌跡/動画/3月31日2020年NHKbsを無料視聴youtube/ 【dailymotion】 【pandora】【デイリーモーション】 【 miomio】; 【9tsu】tver(ティーバー・ディーバー)でみれない時は

下記で

(無料視聴できます)

 

↓ ↓

 

羽生結弦 10年間の軌跡/動画/3月31日2020年NHKbsを無料視聴