バラエティ

ネコメンタリー/動画/再放送/見逃し配信/尾崎将也,NHK無料視聴4月1日2020年

ネコメンタリー/動画/再放送/見逃し配信尾崎将也,NHK無料視聴4月1日2020年

 

2020年4月1日22時50分からNHK Eテレで『ネコメンタリー 「尾崎将也とグーとばななとロビンとダリと鏑とさくら」』が放送されます

 

見逃した方放送地域にない、見れない方は(青文字をクリックすると初回~フル視聴できるリンクに飛びます)

 

(無料視聴できます)

 

↓ ↓

 

ネコメンタリー/動画/見逃し配信NHK無料視聴
 

ネコメンタリー/番組内容

 

もの書く人と愛猫との日々を描く異色ドキュメント。「結婚できない男」などで知られる脚本家・尾崎将也編。6匹の猫たちを愛しつつも翻弄される暮らしとは?朗読は阿部寛。

番組内容
もの書く人のかたわらにはいつも猫がいた。今回は「梅ちゃん先生」「結婚できない男」など数々の人気ドラマの脚本を手がける尾崎将也。動物を飼うことに興味がなかったにも関わらず、いつの間にか6匹の猫と同居。表情も執筆のペースも崩さない泰然自若の脚本家と自由奔放な猫たち。関心がないように見えながら「すべて家族」と断言する、そのまなざしに6つの個性はどう映っているのだろうか?ドラマさながらの?ユーモラスな日々

 

ネコメンタリー 出演者

 

出演
尾崎将也,

朗読
阿部寛

 

ネコメンタリー/動画/見逃し配信NHK無料視聴ストーリー性

 

番組タイトルを見ただけでは、どんな番組なのか全く想像がつきませんでしたが、もの書く人と愛猫との日々を描いた異色ドキュメントだそうです。

私は今までに猫を飼ったことはないのですが、犬に比べると我が道を行く性格の強い猫ですから、一緒に暮らすと、どんな日々を送ることになるのかいろいろと想像してしまいます。

この『ネコメンタリ―』シリーズは、そんな猫との暮らしの現実の一部を知るのに、ちょうど良い番組なのではないかと思いますね。

今回猫と暮らすもの書きとして登場するのは尾崎将也さん。

2012年に放送されたNHKの朝の連続テレビ小説『梅ちゃん先生』や、フジテレビ系列で放送された『結婚できない男』、テレビ朝日系列で放送された『特命係長 只野仁』といった、数々の人気のドラマを手がけた脚本家です。

動物を飼うことに興味がなかったにも関わらず、いつの間にか6匹の猫と同居しているそうで、不思議なものですね。

泰然自若として、淡々と執筆を続ける脚本家の周りで、自由奔放に過ごす猫たち。何だかシュールとも思える光景です。

そんな猫たちを、尾崎将也さんは「すべて家族」と断言しているそうで、彼と猫たちがどのような暮らしを送っているのかとても興味深いです。

ネコメンタリー動画/見逃し配信 楽しみな点

 

楽しみな所は、物書きとネコの日常を紹介する所です。

物書きの傍らには、ネコが、寝そべっているようなイメージが、ありますね。

ネコは、ご主人様である物書きが、机に向かっている隣であくびをしているような光景が、浮かびます。

今回は、朝ドラ「梅ちゃん先生」などを手掛けた人気脚本家の尾崎将也先生とネコの日常という事で楽しみです。

面白そうな所は、ネコが、6匹もいる所です。

1匹のネコならじっとしていそうですが、6匹ともなるとネコ同士が、追いかけっこしたりケンカしたりと賑やかそうです。

執筆で煮詰まった時にネコ達と遊ぶとアイデアが、浮かんでくるのかなども知りたいですね。

注目は、動物を飼うつもりのなかった尾崎将也先生が、なぜ6匹ものネコを飼う事になったのかです。

最初のネコを飼うきっかけのエピソードも聴いてみたいです。

ネコの名前が、ユニークですね。

ばななちゃんという名前が、かわいらしいと思いました。

ネコは、自由奔放な所が、魅力ですね。

6匹もいるとそれぞれのネコの性格もちがうと思うのでそれをみているのも楽しそうです。

名前を呼ばれたネコが、ふりむく姿もみてみたいです。

ネコは、表情も豊かなのでそこも楽しみです。

ネコ達との同居生活は、賑やかで楽しそうです。
 

ネコメンタリー 動画/見逃し配信視聴者感想

 

ネコメンタリーは「愛猫家の作家が多い」という点に着目して作られた番組で、作家と猫のいる風景を写して皆でまったりしましょうという内容になっています。

以前にも何度が放送されていましたので久しぶりの放送ということにもなりますね。

さて、もの書きを仕事にする人の近くには猫が多いのは確かなようなのですが、なぜなのでしょうね?

あまりにも有名なのが夏目漱石ですが、夏目漱石は「吾輩は猫である」という猫視点で書いた小説でも知られていますし、愛猫が死んだときに墓標を立てた話も有名だと思います。

そんな作家さんと猫とのほんわかした関係をのぞき見させてもらいながら、見ている私たちも気持ちを落ち着かせてもらいまったりできる、そんな感じの番組になるだろうと期待したいです。

4月1日の放送では尾崎将也が登場することのことですが、尾崎将也さんは作家というより脚本家さんなのでしょうが、NHKの朝ドラで堀北真希さんが主演した「梅ちゃん先生」の脚本などが有名ですね。

そんな尾崎将也さんの愛猫はどんな猫なのか?

また、尾崎将也さんと猫はどんな関係性を築いているのか?などを垣間見させてもらえるとうれしいなと思います。楽しみですね。

まとめ

 

「猫」「阿部寛」「結婚できない男」でもう面白いです。
面白く無いわけがないと感じさせてくれます。
この3つのキーワードだけで見る人がたくさんいらっしゃるのではないでしょうか。
絶対に見たいですし、SNSでも話題になりそうですね。
脚本家と自由な猫たちの関係性がとても気になります。
脚本家の私生活は?どのようなところで猫たちと暮らしているの?猫種は?猫が執筆に与える影響は?など気になることがたくさんです。
雑然としたドキュメンタリーではなく映像としての芸術性の高さも期待しています。
猫と人の人生がクロスする瞬間にどんなドラマがあったんでしょうか。
「いつの間にか」「6匹」というところに猫を飼っている人たちの共感がありそうです。
「猫が人の家に自然にあがりこんできて一緒に生活を始めた」ようで、微笑ましい気持ちになります。
私は過去から続く文学と猫の関係に興味がありましたので、現代版「吾輩は猫である」を見ることができるのか、わくわくします。
BGMなどの演出も気になります。

ネコメンタリーは、もの書きの人にネコ好きが多いことから、もの書きと猫がいるかわいい映像を見て癒やされましょうという番組です。また、ナレーションを毎回話題の俳優さんなどが行うのも見どころ・聴きどころで、普段はやらない俳優さんの朗読を味わえるのも良いところだろうと思います。ところで、猫の動画というのはなんとなく見ているだけで可愛くて癒やされるものだと思うのですが、もの書きの方と一緒に登場するとさらに可愛く癒やされるように感じています。それはいったいなぜなのか?と考えたことがあるのですが、もの書きだからどうということではなく、愛情を持って猫に接している飼い主と猫が一緒にいれば、猫は安心してリラックスできるでしょうし、だからこそ伸び伸びとした良い表情を見せてくれるということなのだろうなと思っています。さて、初回放送では脚本家の尾崎将也さんが出演します。尾崎将也さんは6匹の猫と暮らしているようですが、どんな暮らしをしているのか楽しみですね。また、今回のナレーションは俳優の阿部寛さんが担当してくれるとのこと、こちらも楽しみです。放送が待ち遠しいですね。

人気作家が猫との暮らしぶりを書き下ろした映像エッセイに、豪華俳優陣の朗読を付けた新感覚ドキュメンタリーの、ネコメンタリーシリーズ。

今回は、人気ドラマの脚本を手がける、尾崎将也と猫たちの日常が舞台です。更に、朗読を務めるのは、尾崎氏の脚本で人気を博した「結婚できない男」の主演、阿部寛。再びこの二人の共演が見られるのは、このドラマのファンの一人として、楽しみでなりません。

作家と猫の日常というと、かの夏目漱石の『吾輩は猫である』を想像してしまうものです。
日本作家のかたわらには、以前より猫がいることが多かったのでしょうか。

気鋭の作家に、マイペースでのんびりとした猫との生活というのは、異色なようで、良いコンビなのかもしれません。猫が幸せそうに眠っている様、真剣な眼差しで獲物を追っている姿、ひょんなことで驚いて飛び跳ねてみることもあります。甘えてきたと思えば、ぶっきらぼうにツンとしてみたり、猫は眺めていて飽きることがないですよね。

尾崎氏宅の猫たちは、いったいどんな姿を見せ、尾崎氏とどんな関係を築いているのでしょうか。
作家さんと猫との独特な生活スタイルが、このネコメンタリーシリーズの人気の理由なのでしょう。
 
ネコメンタリー 動画/pandora、dailymotion、9tsu、miomio、youtube、パンドラtv、ユーチューブ、acfun、tver(ティーバー・ディーバー)でみれない時は

下記で

(無料視聴できます)

 

↓ ↓

 

ネコメンタリー 動画/