アニメ

文豪とアルケミスト/見逃し配信/アニメ 1話/最新話~無料視聴まとめ

文豪とアルケミスト/アニメ /見逃し配信/1話/最新話~無料視聴まとめ

 

2020年4月3日25時23分からテレビ東京で『文豪とアルケミスト ~審判ノ歯車~「走れメロス」』が放送されます

 

見逃した放送地域にない、見れない方は(青文字をクリックすると初回~フル視聴できるリンクに飛びます)

 

(無料視聴できます)

 

↓ ↓

 

文豪とアルケミスト見逃し配信アニメ1話無料視聴
 

文豪とアルケミスト /番組内容

 

その男は走った。自分の身代わりとして、磔となっている親友との約束を果たすために。しかし、友の元に戻れば自分が王に殺される。男の心は揺れるが、走り続けて王宮へ戻れ、これはそういう物語だ、とけしかけてくる不思議な人物が現れる。幾多の困難を乗り越え、男は日没前に友が待つ王宮へとたどり着く。だが王は問う、その親友は本当に救うに値するのかと。王に促され、親友の顔を改めて確認しようとした男が見たものとは…。

 

文豪とアルケミスト キャスト

 

芥川龍之介:諏訪部順一、太宰治:中村悠一、中原中也:柿原徹也、島崎藤村:立花慎之介、織田作之助:小野坂昌也、徳田秋声:渡辺拓海、坂口安吾:杉田智和、萩原朔太郎:野島健児、室生犀星:逢坂良太、志賀直哉:前野智昭、武者小路実篤:KENN、菊池寛:三木眞一郎、久米正雄:吉野裕行、佐藤春夫:泰勇気、谷崎潤一郎:岡本信彦、堀辰雄:高橋孝治、ネコ:大河元気

 

文豪とアルケミスト/見逃し配信1話ストーリー性

 
芥川龍之介や太宰治などの文豪が描いたストーリーをきちんとするためにがんばっていくというストーリーが面白そうです。「走れメロス」は幼少のときに読んだことがあり、とても懐かしい名作です。そんな懐かしい名作がたくさん出てきそうで嬉しいなーと思います。

芥川龍之介さんはかっこいいし、太宰治さんはかわいい雰囲気のある男の子になっていてキャラクターも魅力的です。会話しているシーンも面白そうです。

私は名作が好きだからストーリーに入り込んで楽しむことができそうです。やっぱり名作って面白いし、いろいろなことを考えさせてくれるから好きです。

「走れメロス」も困難があったり、邪魔される部分もありそうですが、がんばって走って文学を守ってほしいなーと思います。

改めて文学の世界に浸れそうなアニメだから文学が好きな人にはたまらないアニメになりそうです。キャラクターデザインもオシャレでかっこよくて魅力的です。すごく贅沢な感じがします。

「走れメロス」の世界がどうなるのかも楽しみだし、他の文学のストーリーもどうなるのか気になります。いろいろな文学を楽しめそうだし、いろいろなストーリーについて考えていけるからワクワクします。楽しみにしています。

時を越えて文豪たちが現代に蘇って織りなすストーリーがどんなものかが楽しみです。現状では登場することは明らかとなっていてもキャラクター画が伏せられているキャラクターもいます。アニメ一話ではさすがに全員集合はありえないと思います。全話ストーリーを追うことで、全ての文豪たちが出揃うまで楽しみたいと思います。登場する文豪たちはどんな技や武器をもってして戦うのかという点も気になります。ファンタジー感溢れる攻撃や肉弾戦もあるとおもしろいと思います。敵の脅威性もまだまだ不明瞭な点があります。謎の敵の侵略目的は何なのかという点が大いに気になります。こちらの文豪側のストーリーを追うのはもちろん重要で楽しみです。しかし、敵の行動心理もしっかり追いかけて表現していくとさらに物語に感情移入できておもしろいと思います。そういった展開があることにも期待します。走れメロスをはじめ、他にも文豪たちが手掛けた名作がいくつか登場すると思います。他に出てくる文学には何があるのか、文学好きユーザーとしてはそこも楽しみにしています」

アニメ『文豪とアルケミスト ~審判ノ歯車~「走れメロス」』面白そうで見るのがすごく楽しみです。昔読んだ走れメロスが現代のアニメでまた携われるのがすごく嬉しいし、このアニメの中でどんな話になっていくのかすごく興味があるし面白そうです。

このアニメの物語は、この昔から親しまれていた走れメロスや文学に対して負の感情から生まれた“侵蝕者”が出てくるという内容みたいで、確かに昔から知っている話で結末まで綺麗な話になっているけれど、実際このように負の感情を持っていたりする人もいるだろうし、必ずしも綺麗な心を持っている人とは限らない。

メロスも然りだと思う。

その侵蝕者の意見を見るのもすごく面白そうだし、誰もが知ってる有名な走れメロスを通してまた新しい視点の物語をみれるのもすごく面白そうだと思います。

そしてその侵蝕者たちに対立できる文豪たちとの戦いもすごく面白そうだし、また文豪たちの意見を聞けるのも面白そうです。

しかも登場人物が有名な芥川龍之介、太宰治などすごい文豪の方達が出るのですごい面白いアニメになること間違いなさそうです!すごく面白そうで見るのが本当に楽しみなアニメです。走れメロスを知らない方にもこのアニメを通して知れるのもいいところだと思います。

文豪音痴で全くと言っていいほど文豪の作品を読んだ事がないのですが走れメロスはかなり大雑把ではありますがあらすじも知っていますので何となくのイメージは掴めましたし紹介HPをざくっと見た全体の感想はこういう作品なら興味が持てるから見てみたいと思えました。
そう思えたのはまず走れメロスのあらすじを聞いた時にもしかして面白い作品ではないかとぼんやりとは思えたからです。

なのでこのアニメが始まる前に走れメロスをきちんと読んでどういう作品かをしっかり把握しておこうと思いました。

その方がよりこのアニメを理解できたり深い部分で楽しめると思ったからです。

そして登場人物の豊富さと豪華さもこのアニメに惹かれた一因です。この登場人物達の詳しい事がわからず実際には誰がどの時代を、そして誰と誰が同じ時代を生きたのかは分かりません。

しかしもしも実際にこの豪華メンバーが一堂に会する機会があったとしたら文学やお互いの私生活についてどういう会話が交わされるのか想像するだけでもワクワクして仕方ありません。そんな彼らがどのような考えや手段を用いて侵蝕者達を討ち本を救うのか、文豪人ならではの独特で個性的な感覚や理論で討っていくのか、とても気になります。

そして気になると言えば出演者にネコとあった事です。単なるペットなのか文豪達と共に戦うメンバーの一員なのかネコの存在からも目が離せません。

文豪「太宰治」によって書かれた「走れメロス」は、子どもから大人まで、誰もが知っている有名な傑作ですよね。そんな名作の世界に、新しい風が吹き込まれます。自分の身代わりとして、磔になっている親友との約束を果たすために、メロスは走ります。しかし、友の元に戻れば、自分が王に殺されてしまいます。メロスの心は揺れます。ここまでは、お馴染みの「走れメロス」の有名なワンシーンですよね。しかし、本作品ではこの先がちょっと違います。揺れるメロスに「走り続けて王宮に戻れ。これは、そういう物語だ」とけしかけてくる不思議な人物が現れるのです。いったい誰なのでしょうか。結局、原作物語のとおりに、多くの困難を乗り越えて、メロスは日没前に王宮にたどり着きます。しかし、何かがおかしいのです。メロスは、王に「その親友は本当に救うに値するのか」と問われ、親友の顔を改めて確認しようとします。そのとき、メロスはいったいなにを見たのでしょうか。とても気になりますよね。本の世界がおかしなことになっています。本を侵し、この世界から消し去ることを企てる侵蝕者の仕業だったのです。芥川龍之介をはじめとする、転生した文豪たちは、本の世界で侵蝕者を討ち果たすことができるのでしょうか。放送が楽しみです。

 

文豪とアルケミスト/1話見逃し配信 楽しみな点

 

走れメロスでメロスは暴君によって人質にとられた竹馬の友のためにとにかく走ってがんばりますが、そのメロスが走ることに懐疑心を抱いて本来あるべきストーリー運びからはずれようとする内容が展開するようです。

メロスが走るのをやめたら話がおかしいことになるので、そこに対して文豪たちがどうアクションを起こすのかが気になります。

本来の筋とは別に、この人物がもしもこういう態度や行動をとったら物語はどう動くのだろうかという不思議な想像もしてしまうおもしろい試みの作品だと思います。

本の世界を変えて侵略する侵蝕者たちは悪者ですが、そうして世界がどうかわっていくのかという点には興味がわきます。

文学好きで元の話を知っていればなおのことたのしめるでしょうが、何もしらない状態でも色々なことを想像すれば十分にたのしめると思います。

文豪たちは装いもあらたに華のある衣装を身にまとったイケメンの姿で現代に蘇ります。

キレイなキャラクターたちのバトルアクションがどんなものかも見れると良いです。敵の驚異が現状ではどのくらいか分からないので、途中で死傷者がでるような激戦にまで規模が広く展開するともっと面白いと思います。メロスの他にどんな名作が出てくるのかも大変楽しみです

 

文豪とアルケミスト見逃し配信1話視聴者感想

 

この作品は、簡単に述べると、世界を豊かにしてきた本が異形のものによって黒く染められようとしていて、その本を守るために文豪たちが立ち向かうといった作品だそうですね。なかなか今まで見たことのないような物語だなといった印象ですね。

そして、この作品の注目したい点は、キャラクターの名前にあると思います。

なんと実際に実在した偉人の名前が使われているのです。

例えば、芥川龍之介や太宰治など、誰もが聞いたことのあるような名前がたくさんキャラクターとなっているのです。

今やこれらの詩人は学校の教科書を見れば載っているような有名な方たちですよね。

こういった方々がアニメの世界で描かれるのはなんとも新しい試みだなと思いますし、いったいどんなふうに活躍するのかとても楽しみです。

第一話のあらすじを見て見たところ、走れメロスの物語を利用したものでした。

これもまたとても興味深いなと思いました。

走れメロスといえば、自分も物語は十分理解しているし、物語が分かっているからこそアニメで見るときにはいったいどんなストーリーになるのであろうかと楽しみですね。この作品の魅力は日本の偉人がアニメのキャラクターとなって登場していることだと思うので、そこは1番注目したいです。

まとめ

 

好奇心を刺激するコンテンツを次々と制作するテレビ東京は『文豪とアルケミスト~審判ノ歯車~「走れメロス」』というアニメを用意、4月3日から放送します。タイトルから芥川龍之介と太宰治を扱ったものなのだと推測できますが、明治・大正・昭和時代の他の文豪も登場するアニメです。

その総計16名、もちろん皆亡くなっているわけですが、本アニメの中で転生し、文学の発展を阻害しようとする邪悪なものを次々に駆逐するというストーリー。

例えば「走れメロス」では、自分の身代わりになっている友人のため、用事を済ませて戻ることになっていますが、戻らなくとも良いという悪魔のささやきが発せられ、めでたしめでたしとなるラストが完成しないよう細工を企てます。

こういった名作と言われる文学の完結に邪魔をする侵蝕者を、蘇った作者自らが次々に成敗していくのです!

アニメーションで表現されていますので、これまで近寄りがたかった文豪を身近に感じることができ、名作と言われる作品にたくさん触れる機会がより増えることに繫がることでしょう。番組HPを見ると、アニメは繊細なタッチで表現されて芸術性も感じます

文豪とアルケミスト見逃し配信1話無料視聴アニポ、anitube、kissanime、b9、「アニチューブ」「アニチューブX」「ANITUBE」、pandora、dailymotion、9tsu、miomio、youtube、パンドラtv、ユーチューブ、acfun、tver(ティーバー・ディーバー)でみれない時は

下記で

(無料視聴できます)

 

↓ ↓

 

文豪とアルケミスト見逃し配信1話無料視聴