ドラマ

麒麟がくる 動画 21話20話 再放送 6月7日 pandora Dailymotion/無料視聴まとめ

麒麟がくる動画/21話/20話再放送6月7日pandora/Dailymotion/無料視聴まとめ

見逃した方や放送地域にない方2020年6月7日20時からNHK総合で『麒麟(きりん)がくる』が放送されます

 

麒麟が来る 21話動画21話につきましては下記にて

下記で

 

(無料視聴できます)

↓ ↓

麒麟が来る動画/ 21話/無料視聴フル

麒麟がくる(動画)21話/ /番組内容

麒麟(きりん)がくる(21)「決戦!桶狭間」

今川義元は尾張へ侵攻する。危機を察知した信長は籠城といいつつ、別の作戦を展開する。死を覚悟した信長は帰蝶にある人物を紹介する。

番組内容
今川義元(片岡愛之助)は尾張へ侵攻。危機を察知した信長(染谷将太)は籠城といいつつ、別の作戦を展開する。死を覚悟した信長は帰蝶(川口春奈)にある人物を紹介する。そのころ、光秀(長谷川博己)は尾張へと馬を走らせていた。

 

麒麟がくる 第21話キャスト

 

長谷川博己,染谷将太,門脇麦,風間俊介,川口春奈,片岡愛之助,堺正章,

語り
市川海老蔵

麒麟が来る

 
 

麒麟が来る第21話

 

 

麒麟が来る第21話動画21話

 

〈長良川の戦い〉

1556年、弘治2年の4月、道三は大桑城を出て義龍を討つために鶴山に陣を取ります。

光秀も道三に加勢するために鶴山に向かいます。

尾張の那古野城の帰蝶は道三が義龍と戦を始めたと知り、落胆します。

信長は道三のピンチに加勢し助けて見せると息巻いて出て行きます。

しかし命をなげうつような道三や信長の行動に帰蝶は怒りを露にするのでした。

鶴山に陣を張りその時を待つ道三。

義龍は竹腰道鎮の次に打って出ることにし、道三を生け捕りにして親殺しは避ける計画でした。

光秀が自分のの軍に加勢しないことにいら立つ義龍。

道三は鶴山から降り稲葉山城に向けて兵を出し、竹腰道鎮軍と長良川で激突。

ついに戦は開始され、光秀は長良川を渡り、道三のもとに馬を走らせます。

義龍の軍勢が道三軍を押し切り道三は劣勢に立たされます。

道三は意を決して一人で馬を走らせ、義龍のもとに向かい一騎討ちを申し込みます。

義龍は道三との一騎討ちを受け入れ、道三と義龍の直接対決が始まります。

降伏を促す義龍に頑として譲らない道三。

父親は頼芸と言い張る義龍に、父親はこの斎藤道三と気迫で押しきる道三。

義龍は道三の気迫に押され、家臣に道三を討つように言ってしまいます。

義龍に斬りかかろうとする道三。
家臣もその気迫に槍で道三を討ってしまいます。

道三は殺されることも計算のうちで、義龍は親殺しの大罪を背負って生きることになるのでした。

光秀は破られた道三の陣を見て、義龍のもとに馬を走らせます。

義龍のもとに着いたときにはすでに道三は討ち取られており、悲嘆に暮れます。

光秀に再度家臣になるように言いますが、光秀は拒否します。

頼芸は偉大さは感じなかった、道三は偉大な人間だった、誇りある君主だったといい戦場をあとにします。

帰蝶にも道三討死と伝えられ、信長も無事と伝えられます。

家臣の前では気丈に振る舞うも道三の死に泣き崩れる帰蝶。

そして帰蝶は明智家を逃がすために伊呂波太夫を美濃に向かわせるのでした。

義龍は家臣にならない光秀への見せしめに明智城を攻めます。

明智城に向かった光秀。

負傷した光安が待っており、明智城の主を光秀に譲り、旗印を預け、光秀に逃げて明智家の血を繋ぐように言うのでした。

光安は明智城の最期を見届けたら合流するといい、光秀を送り出します。

美濃を離れられない伝吾たちに見送られながら、光秀は牧と煕子を連れて美濃を脱出するのでした。

感想考察

女性と男性の戦国での価値観の違いというのが凄い浮き彫りになりました。

帰蝶は生きていればこそ、と考えており、道三や信長の行為があまりいいこととは思っていない、道三や信長は義理や自分の誇りで動いた。

光秀もまたしかり。

ここで一番新しい考え方をしていたのが光安。

光安は討死を選ぶと思いましたが、明智の血を絶やしてはならないと光秀に逃げるように言う、これは戦国時代には新しい考え方と思います。

今回の演技で光安は道三に並ぶ人気になり、光安ロスが起こっているようです。

注目の道三の最期はやはり豪胆。

生きても勝ち、死んでも勝ち。

生かしていれば当然義龍が討たれ、道三を殺せば義龍は戦国時代では重い親殺しをしたとして他国への印象や信頼は低下します。

道三の重いとしては、義龍にはもっと自分で見て判断し、人の言葉に惑わされることのないようにと育ててきたつもりだったと思います。

しかし珊瑚の数を大体で答えたり、信長のことを見もせずうつけと揶揄したり、詰めが甘いところがあり、道三はこの性格を一番危惧していたと思います。

道三は身をもって義龍に向かい、世の中はかわり続け、真実を見極めて行けと諭すために戦ったと今回のシーンから感じました。

憎しみから我を忘れ、義龍は道三を殺すことの恐ろしさを殺してから感じることになりました。

義龍は戦場に赴いた光秀を殺さなかったのはその頭脳が欲しかったからでしょう。

嘘を言わないその性格が家臣のなかで信頼できたからでしょう。

頼芸に偉大さは感じない、道三は偉大な君主であったと言われて、ようやく目が覚めたというのも皮肉です。

光秀はついに越前の朝倉義景のもとに。
ユースケ・サンタマリアさんという配役に一癖ありそうな油断できない義景になりそうです。

本木雅弘は道三に納得が行っておらず、願わくば数年経ったらまたやりたいと、道三をもっと高みに持っていきたいとプロフェッショナルの反省会で語っていました。

道三と光秀は理想の上下関係だっただけに道三の死は悔やんでも悔やみ切れません。

そして長良川の戦いの戦力差、道三3000に対して義龍10000と聞いた時の信長信長は戦はやりようだと言ったのが桶狭間の戦いの伏線にも思えます。

今後、史実では義龍は急死し、信長が美濃の実権をにぎりますがそのプロセスがどう描かれるのかが楽しみです。

新章に入る次回、今後の展開を楽しみにしています。

 

麒麟が来る動画21話pandora、dailymotion、9tsu、miomio、youtube、パンドラtv、ユーチューブ、acfun、tver(ティーバー・ディーバー)で見れないときは

下記にて

(無料視聴できます)

↓ ↓

麒麟が来る動画/ 21話/無料視聴フル